sumikaが、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。Hey! Say! JUMPに提供した楽曲『春玄鳥』について、作詞作曲を担当した片岡健太と小川貴之を中心に感想を伝えました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! sumika LOCKS!」5月3日(火)放送分)



Hey! Say! JUMPの新曲『春玄鳥(読み:はるつばめ)』は、5月25日リリースのトリプルA面シングル『area/恋をするんだ/春玄鳥』の1曲です。テレビアニメ『ラブオールプレー』の主題歌にも起用されています。

――リスナーのメッセージを紹介
【『ラブオールプレー』のオープニング見ました! sumika先生節全開の歌詞やメロディーと、Hey! Say! JUMPさんの爽やかで明るい歌声かマッチしていて、まさに「爽やか!」という感じです! MVも公開されたので、たくさん聴きます。あらためて、楽曲提供おめでとうございました!】(17歳女性)

片岡健太(Vo./Gt.):というメッセージいただきました!

sumika:ありがとうございます!

片岡:そうなんですよ。Hey! Say! JUMPのみなさんに、新曲を書かせていただきました。作詞は僕・片岡先生で、作曲は小川先生が担当しました。

小川貴之(Key./Cho.):はい。

片岡:そしてこの曲が、4月から放送が開始されたテレビアニメ『ラブオールプレー』の主題歌にもなっています。始まってからもう1ヵ月くらい経っているんですけど、アニメのオープニングで聴くのとMVを見るのと、どっちも胸熱だなと……!

小川:胸熱ですよ、これは。

黒田隼之介(Gt./Cho.):ムネアツ!

片岡:本当にいい曲ですね、シンプルに。

小川:そうだね。自分の中でもかけがえのない曲が作れたとも思うし、Hey! Say! JUMPのみなさんが気持ち良さそうに歌っているのを見て、作れてよかったなって思いました。

片岡:ボーカリストとしてあの曲を聴くと……あの曲めちゃくちゃ難しいはずなのに、Hey! Say! JUMPのみなさんがすごく美しく歌いつなげてくれるし、ハモりも入れてるし……!

荒井智之(Dr./Cho.):そうだね。

片岡:「こういう歌い方の正解もあるのか」って。おがりんからのデモの時点では……sumikaでよくある光景じゃないですか、それを俺が歌うっていう。

小川:うんうん。

片岡:それが、「Hey! Say! JUMPのみなさんだと、こうなるんだ……!」っていうのが、ボーカリストとしても新しい発見があったりして。作って勉強させていただいたこともあったので、それがsumikaの活動にも活きていくんじゃないかなと思っております!

黒田:うん!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年5月11日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/