山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。11月9日(水)の放送では、みんなの家の“鍋自慢”をシェアしました。


パーソナリティの山崎怜奈



世の中をザワザワさせているニュース“ザワニュー”のなかから、気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日のテーマは“我が家の鍋自慢”。いよいよ鍋がおいしい季節が到来。そこで、みんなの家の鍋にまつわるエピソードを募集しました。

まずは、「父が長く札幌に住んでいた影響で、我が家の定番は石狩鍋。味噌をベースに鮭やホタテなどの魚介類と大量のキャベツとコーンを投入。シメのラーメンも欠かせない!」という声に、早くも「いいな〜。(お鍋が)食べたくなってきた(笑)」とれなち。

そして、「高校の修学旅行のときに作った鍋を13年も使っている。その鍋で作るカレーうどん鍋が最高。チーズを入れて溶かして食べ、うどんの後にはシメに食パンの上にカレー、チーズ、炒めた挽肉、納豆。最高」というメッセージには、手作りしたという鍋に驚きつつ「カレーうどん鍋、最高じゃないですか〜」とうらやましそうな様子。

また、「我が家によく出てくる鍋は『赤から』という鍋の素を使い、ニラとキノコと白菜を入れ、シメはラーメン」「『赤から』で有名なイチビキから出ている『ストレート担々ごまみそ鍋スープ』がめちゃくちゃおいしい!」とおすすめの鍋つゆにまつわる情報も。

また、自宅の鍋が「たいてい薄味」というリスナーも。なぜ薄味かと言えば、各自好きな味付けで食べるスタイルだそうで、そうすることで味変し放題。日を跨いでも飽きずに食べられるそう。ちなみに、このリスナーのおすすめは「ポン酢・おろしニンニク・ラー油」。脂身が恋しいときは「塩バターレモン+黒胡椒」だとか。

そのほか、「私の実家の鍋は、夏の終わりから始まる。なぜなら家庭菜園で作っているから。ひとまず今年は白菜20玉を確保」という鍋ガチ勢や、「私と母がハーブ系の匂いが強いものが好きで、実家の鍋にはハーブ茶が入っている。ただ、男性陣からはいい顔をされない」という異色の鍋も。

さらには「我が家のすき焼きには大根を入れる。これは新聞の投稿欄で知って、実際に入れてみたらおいしかった」「我が家はみんな辛いものが好きで、キムチ鍋のシメに追いキムチ、デスソースを入れている。そして、最後はいい汗をかいたとデザートにアイスを食べるのが恒例」といった鍋自慢もありました。

そして、最後には新婚さんに向けたアドバイスが。「結婚して初めての料理はお鍋がいいと教えてくれた人がいた。お互いに別々の味で育っているだけに、新婚は味が合わなくてもそれが言いづらいもの。そこで、鍋にすれば2人で味付けをしていき、それが2人の味になってくると。とても納得して実践したが、そのときの私はすき焼きにしてしまい、醤油と砂糖で味付けする派の私と割下派の夫で早速ケンカ勃発」というエピソードに「なるほど、確かに〜」とれなちも共感。

「お鍋なら気軽にポン酢を入れたり、察することもできますからね。でも、なんですき焼きにしちゃったんだろう?」と惜しみつつ、「結婚して初めての料理はお鍋(すき焼き以外)で! これは学びですね!」と笑顔を見せるれなちでした。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年11月17日(木) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:山崎怜奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/