13人組ボーイズグループ・SEVENTEENが担当するTOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK! SEVENTEEN LOCKS!」。メンバーのJEONGHAN(ジョンハン)がインターナショナルクラスの講師として、毎月1週目の月曜から木曜の4日間、声を届けます。

8月2日(火)の放送では、7月にリリースされたSEVENTEEN 4th Album Repackage 『SECTOR 17』の収録曲から3曲を紹介しました。



JEONGHAN:生徒(リスナー)のみなさん、こんばんは! 毎月1週目のこの時間は、SCHOOL OF LOCK! のインターナショナルクラスです。『SEVENTEEN LOCKS!』SEVENTEENのJEONGHANでーす!

SEVENTEENは4枚目のアルバム『Face the Sun』のリパッケージ盤、『SECTOR 17』を7月にリリースしました。新曲は4曲あるんですけど、1曲を除いた3曲を、みなさんにご紹介したいと思います。

◆1曲目「Circles」

JEONGHAN:(歌い出しの)VERNONさんの歌声がいいですね(笑)。とってもいい曲でしょ? おすすめしたかったんです!

“誰もが感じることのできる悲しみと痛みは、いつかは過ぎ行くし、また幸せな姿で戻ってくることができる”という、感動的なメッセージをしたためた曲です。そして、この曲の後半では、幼い子どもたちと歌うパートがあって、そのパートがとってもいいんです。素敵な美しい歌声を聴きながら、ヒーリングしてもらえたら嬉しいです。



◆2曲目「_WORLD」

JEONGHAN:2曲目の「_WORLD」もいい曲ですよ。アンダーバーがあるけど、そのまま“ワールド”と読んでください(笑)。

「_WORLD」は、今回のリパッケージアルバムのタイトル曲です。ファンキーなリズムとスイートなメロディが際立つ曲となっています。僕は個人的に、“結局僕の手をつかむのさ”の部分が好きです。聴けば聴くほど、気分がよくなる曲だと思います。たくさん聴いてくださいね。

「_WORLD」を聴いたので、僕の気分もよくなりました。このまま3曲目を紹介したいと思います。



◆3曲目「Fallin’ Flower (Korean Ver.)」

JEONGHAN:この曲は、日本のセカンドシングル『舞い落ちる花びら』の韓国語バージョンです。曲がとっても良かったので、韓国のファンのみなさんにもお届けしたくて、韓国語に翻訳して、リパッケージアルバムに収録しました。日本のオリジナル曲の中で、僕が本当に大好きな曲です。本当に花びらが舞い落ちる風景が想像できて、気分がよくなるんです。

日本のみなさんは、日本語と韓国語の歌詞を比較しながら聴いてくださると、楽しめるんじゃないかなと思います。たくさんの方々に愛してもらって、韓国語バージョンまで出ることになりました。たくさんたくさん聴いてくださいね。



JEONGHAN:今日は音楽の授業でしたね。生徒のみなさんと曲を一緒に聴ける時間、とても楽しかったです。明日もまたインターナショナルクラスで会いましょう!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年8月10日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/