作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの特別番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00〜19:55)。11月28日(日)の放送は「村上RADIO〜村上の世間話〜」をお届けしました。村上さんの身に起きた最近の話から、お店を訪れたときのエピソード、車にまつわる話まで、さまざまな世間話を村上DJの絶妙な選曲の音楽をかけながら紹介しました。
この記事では、長編小説『1Q84』の創作に関わる「世間話⑧ NHK」と「クロージング曲」についてお話された概要を紹介します。



世間話⑧ NHK
結婚してからしばらく、かなり長いあいだ、テレビってうちになかったんです。当時、貧乏でテレビを買うお金もなかったし、それから仕事が忙しくて、テレビを見る時間もろくになかったということもあります。まあ、テレビ、なくても不自由しなかったしね。

で、うちの奥さんが1人で家にいるときに、某準国営放送の集金の人がやってきまして、「うち、テレビ持ってないんですよ」と言ったのですが、ぜんぜん信用してもらえなくて「奥さん、あんたウソ言ったってちゃんとわかるんだ。テレビ番組を見ていながら聴取料を払わないっていうのは泥棒と同じなんだ、泥棒!」って怒鳴られました。それ以来、当然ながらうちはその放送局に対して、温かい好意みたいなものは持っておりません。そんなふうに人を犯罪者みたいに決めつけるのって良くないですよね。真面目にけなげに生きている市民なのにね。

『1Q84』という小説のなかで、主人公の父親をその某放送局の集金人に設定していますが、このエピソードの意趣返しみたいなものです。ごくささやかなお返しですが。

◆Boz Scaggs「Speak Low」
ボズ・スキャッグスがスタンダード・ソング「スピーク・ロウ」を歌います。これ、バックのアルト・フルートとバス・フルートのアンサンブルがすごく良い雰囲気を出しています。素敵です。

<クロージング曲>
David Sanborn「Ballad Of The Sad Young Men」
今日のクロージングはデイヴィッド・サンボーンのアルトサックスが冴え渡る、名曲「すべての悲しき若者たち」“Ballad Of The Sad Young Men”です。全国の悲しき若者のみなさん、悲しいこともあるでしょうが、がんばって生きていってくださいね。いろんなつらいこと,切ないこと、そのうちに懐かしく思い出せるようになります。

今日の言葉は、石川啄木さんの歌です。

葡萄(えび)色の
長椅子の上に眠りたる
猫ほの白き 秋のゆふぐれ

歌集『一握の砂』に収められている作品ですが、僕は秋の夕暮れになると、よくこの歌を思い出します。葡萄色のソファに白い猫が眠っていて、秋の日がゆっくり暮れていきます。
ただそれだけの内容なんだけど、猫の白さが網膜にしんと静かに残ります。

僕は一度、石川猫木さんの歌を作りました。 

働けど働けど猶
わが生活(くらし)楽にならざり
ぢっと肉球を見る

という歌なんですけど、意味ないですね。猫が肉球をじっと見てどうなるっていうんだろう。にゃあ(猫山)

それではまた来月。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2021年12月6日(月)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:村上RADIO 〜村上の世間話〜
放送日時:11月28日(日)19:00〜19:55
パーソナリティ:村上春樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/