TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。10月15日(木)のお客様は、TVアニメ「鷹の爪」シリーズを制作しているFROGMANさんと、映像ディレクターの関和亮さん。映像作家としての原点でもある、お互いの若かりし日の自主映画製作の話をふりかえります。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)FROGMANさん、関和亮さん



◆若き日の自主映画製作の思い出

FROGMAN:何でか知らないけど、一緒に自主映画とか撮ってたよね。

関:小野さん(FROGMANさんの本名)は当時から脚本を書いていて。すごい分厚い脚本を渡されて、「これ(映画)やるから一緒に手伝え」って言われて、「あ、やります」って。覚えているのが、当日に現場に行ったら主演の人が来なくて。

FROGMAN:あぁ、そうそう。

関:当時はみんなが携帯を持っている時代じゃなかったから。

FROGMAN:ないしね。まだね。

関:その子が(携帯を)持ってなくて「どうする? どうする?」って。スタッフもいるし、他の役者さんもいるし、どうするってなったら、「関、お前がやるんだ」って言われて。

FROGMAN:関が急遽主演になったんだよね。

関:東京に来て1年2年で、急に先輩から「お前、主演やれ」って言われて。で、僕やりましたよ。

FROGMAN:やったな。でも結局、その主演のこがいなくなって、何かうやむやになっちゃって、結局空中分解しちゃったんだけど。

関:多分、小野さん(FROGMANさん)の実家かどこかに、僕が芝居しているテープがあるはずなんですよ。

FROGMAN:そうなんだよ、どこかにあるんだよ。

関:絶対にすげー恥ずかしいやつなんですよ、多分。

◆「お前、FROGMAN知らないの?」

FROGMAN:でもまぁ、なんやかんやで結局、お互いに映像業界にいながら、1人はミュージックビデオ(以下MV)の世界に行って、1人はアニメの世界に行くというね。これまたちょっと因縁めいたものがあるというか。

関:でも、僕は(FROGMANが)アニメーションを作っているとか、全然知らなかったんですよ。僕がMVの世界に行ってから、それこそ10年ぐらいして(FROGMANから)電話がかかってきて。

FROGMAN:そうそう。

関:「お前、何か映像をやっているみたいだね」って聞かれて、「ちょっと俺のアニメのエンディングを作ってほしい」って言われて。「え、小野さん、アニメをやっているんですか?」「え、お前、FROGMAN知らないの?」って言われて(笑)。

FROGMAN:「お前、FROGMAN知らないの?」って(笑)。

関:「鷹の爪とか知らないの?」って言われて、「あー、鷹の爪って何か聞いたことありますね」とか言って(笑)。そうしたら小野さんが「俺もまだまだだな……」って(笑)。

FROGMAN:そんなことがあった。

関:映画ですよね、あれ。

FROGMAN:そうそう。「ピューと吹く!ジャガー」っていう、少年ジャンプで連載されていた漫画で、それの劇場アニメ版をやってくれって言われていて。で、プロデューサーの1人が「とにかくすごい映像ディレクターがいるんですよ、MVの世界で。エンディングをこの人に作ってもらいましょうよ」って紹介されたのが、関っていう苗字の人で。

「MVの世界に、俺の後輩で昔、関って奴がいたけど、まさかあいつじゃないよなぁ」みたいなことを言って資料を見てみたら、“関和亮”って書いてあって。「いやいや、同姓同名っているんだな」なんて思って調べてみたら関だからさ、「えー!」みたいな、びっくりですよ。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

11月4日(水)吉田豪さん×川後陽菜さん
11月5日(木)ゆりあんレトリィバァさん×コロコロチキチキペッパーズ・ナダルさん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶90年代半ばにハマったクラブミュージック話に花が咲きます。続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/