ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する“ふたり”が語らうTOKYO FMの番組「三井ホーム presents キュレーターズ〜マイスタイル×ユアスタイル〜」。2月26日(金)放送ゲストは、料理研究家・コウケンテツさんと、お笑いコンビ・クワバタオハラ、くわばたりえさん。ここでは、3児のお子さんを持つお2人が、“子育ての苦労”を語りました。


コウケンテツさん、くわばたりえさん



テレビ、雑誌、講演会など多方面で活躍中のコウさん。旬の素材を生かした簡単でへルシーな料理レシピで知られています。3児の父親でもあり、ご自身の経験をもとに親子の食育や男性の家事・育児参加、食を通してのコミュニケーションを広げる活動にも力を入れています。同じく、3人のお子さんを持つ、くわばたさん。お笑い芸人として活躍しながらも、子育ての苦労や悩みなどを飾らない言葉で綴ったブログの読者も多く、ママたちから絶大な支持を集めています。

◆子どもの苦労=親孝行

くわばた:コウさんは、お子さんが3人ですよね。

コウ:10歳男の子、8歳と3歳の女の子です。

くわばた:うちも似ているんですよ。10歳、7歳の男の子、5歳の女の子です。

コウ:ほぼ同じですね。3人の大変さと良さはどうですか?

くわばた:1人目がとにかく大変だった。

コウ:やっぱり〜!

くわばた:まるで、近所のママ友としゃべっているみたい(笑)!

コウ:2人目のときは、申し訳ないけど覚えてないんですよ。スムーズすぎて。「上の子はほんま大変やった」という話は、いまだにするくらい。

くわばた:夜も寝なかったし。1人目のときに傷ついたことがあって。(夫に)「全然寝てくれない」と言ったら、「ママの精神がピリピリしているから寝ないんじゃない?」って言われたの。でもね、「私のせいなん?」って。そういうところもあるかもしれへんけど、それは言わんといてほしかったなあ……。

コウ:そりゃ、ピリピリもするでしょ。

くわばた:でも育児で大変なことは覚えていて。だから10年前は、「いい加減にして!」と思ったけど、今は「なんて親孝行してくれているんだ」「育児の思い出を残してくれている」と思えるようになって、最近ではちょっと嫌なことがあっても、「私、今日のことを10年後も覚えてるんやわ。この子、親孝行してくれてるんやわ」と思える自分がいるんです。

コウ:僕はまだ、その境地には辿り着いていないですね。

くわばた:例えば、大雪の日に仕事があって、保育園に預けないといけないことがあって。いつもだったら家から30分で行けるところに、その日は2時間前に出たんです。マンションを出たら大通りが真っ白で、「子ども3人と一歩も動けない……」と思って泣きたいくらいだったのに、子どもが走り回ったんですよ。その姿を見て、「良かった……このテンションのまま、とりあえず保育園に向かえー!」と思って。それが5、6年前のことですが、昨日のことのように覚えているんです。

かといって普通に通園できた日のことなんて1回も覚えていない。あのときの絶望感と子どもの後ろ姿、雪を手にした笑顔は、まだ覚えている。だから、「赤ちゃんが泣き止まない……」と言うお母さんにも、「10年後も覚えてんねん。今は大変やけど、絶対に親孝行してくれてんねん」って言えるようになりました。

コウ:僕は喘息持ちで、子どももみんな喘息なんです。真ん中の子がクリスマスイブの夜に発作が出て、そこから2週間入院したことがありました。そのときのことを、嫁といまだに話します。忘れられないです。これも親孝行なんですね(笑)。

くわばた:(子どもが大変だったときのことや)失敗は、もう全部親孝行です!

* 
コウケンテツさん初の旅エッセイ&レシピ本「アジアの台所に立つとすべてがゆるされる気がした」は、新泉社から発売中です。ぜひチェックしてください!

▶▶番組Webサイトでは、放送内容をPodcastで聴くことができます。ぜひお聴きください!

次回3月26日(金)放送のゲストは、安藤桃子さん(映画監督)×松本恵奈さん(ファッションブランド「CLANE」クリエイティブディレクター)。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:三井ホーム presents キュレーターズ〜マイスタイル×ユアスタイル〜
放送日時:毎週金曜 17:00〜17:25
ナビゲーター:田中麗奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/curators/