TOKYO FMの新音声サービス「AuDee(オーディー)」にて配信中のコンテンツ「Monthly Artist File -THE VOICE-」。1ヵ月ごとに担当アーティストが替わり、楽曲の制作秘話や番組でしか聴けない特別なエピソードを語ります。5月はRHYMESTERが担当。5月16日(日)の放送では、Mummy-Dが印象的だったフィーチャリングを振り返りました。

「AuDee(オーディー)」でチェック!

パーソナリティのMummy-D


◆日曜のお昼に聴きたい邦楽を紹介!

第2回に続いて、Mummy-Dは「ラッパーが選ぶお昼にぴったりな楽曲」を紹介。今回選ばれたのは意外な楽曲でした。

Mummy-D:ラッパーの僕が選ぶ曲としては相当意外だとは思うんですけど、元ゆらゆら帝国の坂本慎太郎さんの楽曲を紹介します。坂本さんとは一度ライブに行ってお会いしたことがあるんですが、実はゆらゆら帝国をやっていた時代は楽曲を聴いたことがなかったんですよ。

2年ほど前、Mummy-Dはレコーディングエンジニアから、坂本慎太郎の楽曲を薦められたそう。

Mummy-D:聴いてみたら、一発でハマりました。おすすめの曲は「ディスコって」という曲なんですけど、全然夜っぽくないんですよ。ギラギラしていなくて、力が抜けています。聴いているとほっこりするし、日曜の昼下がりあたりに聴くといいんじゃないかなと思います。大好きな曲です。

◆刺激的だったフィーチャリングの思い出

これまで、さまざまなアーティストたちとコラボレーションをしてきたRHYMESTER。今回の放送では、Mummy-Dが印象に残ったフィーチャリング作品について振り返りました。

Mummy-D:「DEATH JAZZ」という、非常に攻撃的でグルーヴィーなジャズをやる、SOIL&"PIMP"SESSIONS(ソイル・アンド・ピンプ・セッションズ)というバンドがいるんですね。そのバンドとRHYMESTERがセッションをした「ジャズィ・カンヴァセイション」という曲を紹介したいです。

相手と譲り合いながら曲制作を進めることが多かったRHYMESTERでしたが、SOIL&"PIMP"SESSIONSとのセッションは、これまでとは一風変わったフィーチャリングスタイルだったと語ります。

Mummy-D:コラボレーションって協力し合うって意味合いがあるじゃん? この人たちに限っては全然違う(笑)。この人たちにとって、ステージ上は“戦場”。出し抜き合うみたいなノリで、ラッパーのメンタリティーに近い気がします。なんというのか、バトルに近いのかな? それでいて、「ただ目立ちたい」というわけではないし、楽曲としては最終的にまとまるんだよね。ステージ上で、それぞれが腕試しをしていた感じだったのかなあ。

油断できない相手なんだけど、ステージに立って一番楽しいのもね、SOIL&"PIMP"SESSIONSなんだよね。僕らにとってのナンバー1コラボ曲と言っても過言ではないし、SOILにとってもそうだと信じたいです。

他にもMummy-Dは、岡村靖幸とのフィーチャリングで彼の“才能”を感じたエピソードにも触れていきました。詳細は、音声配信サービス「AuDee(オーディー)」でチェックしてください!


----------------------------------------------------
▶▶続きは「AuDee(オーディー)」でチェック!
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Monthly Artist File -THE VOICE-
放送日時:日曜 13:00〜13:55
配信日時:不定期配信
※AuDeeで再編集版を配信(8月23日(月)までの期間限定配信)
パーソナリティ:Mummy-D(RHYMESTER)(5月担当・月替わりで変更)
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/maf/