声優としても活躍中の鈴村健一(月〜木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、1月27日(月)〜1月31日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。

ハードキャッスル エリザベス、鈴村健一



◆230万人
第二次世界大戦中にナチス・ドイツが、占領下のポーランド南部に作り、ユダヤ人らおよそ110万人以上を虐殺したアウシュビッツ強制収容所。その跡地に建てられた国立博物館の訪問者数が、昨年過去最高の230万人に達したそうです。

現在、当時を知る生存者の数はおよそ200人で年々減少しつつある現状に、鈴村は「証言や事実を伝えていくのは、本当に大切なこと。そんななかで、昨年に国立博物館を訪れた人が一昨年よりも17万人増えて、過去最高の230万人に達したのはすごい。僕らも歴史で勉強はしているけど、身近な問題ではなかったから“知らない”という方ももしかしたらいるかもしれないけど、風化させないようにしなければいけないものだと思う」とコメント。

さらに「日本にもいろいろと風化させてはいけないものがいっぱいある。それぞれの国にそうしたものがあると思いますから、どんどん伝えていかなければいけないなと、改めて感じました」と感想を口にしました。

◆64.3%
2月3日と言えば、節分の日。国内最大級の電子チラシ集客サービス「Shufoo!(シュフー)」が、全国の既婚女性およそ5,000人を対象に実施したアンケート調査によると、今年、恵方巻を購入、または作る予定があるか聞いたところ、「購入する」と回答したのは46.3%、「作る」と回答したのは18%という結果でした。今年、恵方巻を食べる予定でいる人は、64.3%にのぼりました。

その数字に、鈴村は「すごい! (恵方巻が)こんなに浸透したんだね〜! やっぱり家族はイベントを求めているよね。恵方巻は、新しいイベントとしてちゃんと定着しているんだね」と驚きの声を上げていました。

ちなみに、2020年の節分の恵方は、“西南西やや西”だそうです。

◆3万枚
新型肺炎の流行で、事実上の封鎖が続く中国湖北省武漢市に向け、同市と友好都市協定を締結している大分県大分市がマスク3万枚を発送したり、東京都は湖北省で治療に取り組む医者や看護師らに向けて防護服2万着を提供したり、企業がマスクを無償提供するなど、日本国内で支援の動きが広がっています。

新型肺炎の感染が海外にも拡大しているなか、鈴村は「こうやって手を取り合いながら対策していくしかない」と話していました。

◆8万円
中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、日本政府は武漢市に在住していて帰国を希望する自国民にチャーター機を手配。そのチャーター機で帰国した人たちには、エコノミークラスの正規料金にあたる、1人およそ8万円を請求しています。

与党幹部から「政府で負担するべき」との異論もあるなか、菅義偉官房長官は「さまざまな意見があることは承知している」としたうえで、「本人の意思にかかわらず、退避を要請する内戦や武力攻撃などの事例を除き、通常は負担をお願いしている」とコメント。

山崎は「個人的な心情としては、それは出してあげれば……という気持ち」と話していました。

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月〜木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/