禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする"ラジオの中のBAR"「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」5月18日(月)のお客様は、フリーアナウンサーの中井美穂さんと女優の鈴木保奈美さん。大の親友だという2人による「ここでしか語れない話」とは?


(左から)中井美穂さん、鈴木保奈美さん


◆周りからの評価を気にして“ちゃんと”していたバブル期…
中井:なんか保奈美ちゃんは若いときより自由だよね。自由っていうか自分に正直な感じがする。なんとなく見ていて「楽しそうに生きてるな」ってすごく思うんだよね。

鈴木:うん。まぁ先が短いから、楽しく生きないともったいないじゃん(笑)?

中井:(笑)そうねぇ。でもなんか、こう見られたいとか、こういうことしたらちょっとダメかなとか、昔は自分も含めてみんな自意識がすごい高かったような気がする。なんであんなに頑張って、人からの評価ばかり気にしていたんだろう? っていう。

鈴木:そうね。評価というか「ちゃんとしていないといけない」と思っていた。逆に最近は「あ、別にちゃんとしていない変な人でもいいんじゃん」と思っていて。そういう人のほうが面白かったりするから。あれ? 「私はなんで“ちゃんとした人でいなければならぬ”と思っていたんだろう?」って。

中井:仕事をしていた時期がちょうどバブルで、周りがすごく派手だったから「自分はああいう派手なほうの人には行かないぞ、コンサバでちゃんと地に足をつけて生きて行くぞ」って思ってたよ。

鈴木:そうね。そしてその華やかななかで、美穂ちゃんはとてもこうニュートラルな……。

中井:地味だったねぇ(笑)。

鈴木:私がニュートラルって言ったのに(笑)。

中井:言葉を選んだなって思ったよ(笑)、今。いや、でも本当によくアナウンサーになったなと思う。前にタモリさんに、「あなたは人に劣等感を抱かせないところがいいところかもね」っていわれたんだよね。

すごいきれいで何でもできて、スタイルもよかったり学歴もすごく高かったりする人って、その人はそんなつもりはなくても、周りを「私はどうせ、あの人に比べたら」みたいな気持ちにさせるじゃない。私はそれが一切ないから、観ている人も「こんなのでやっていけるのなら、俺もやっていけるかもな」と思えるのがいいんじゃない? ということなんだろうな、と思って。

鈴木:会社員だったからっていうのもあるかもね。私はちょっと遅れてるんだよね。私の少し上の世代がもうまさに、浅野ゆう子さんとか先輩たちが、本当にバブルを謳歌している世代で。私はそれを下から見上げていて……。

ときどき「保奈美ちゃん、ご飯に連れて行ってあげるわよ」なんて言ってすごいところに連れて行ってもらって、「わぁ、こんなところでご飯食べたりするんだぁ」とか思っていたかな。

◆鈴木保奈美、織田裕二に“姉さん”扱いされる…
中井:今はだいたいどこの現場にいても自分が1番上じゃない?

鈴木:そうね。でもね、私、今回のドラマ(フジテレビ系「SUITS/スーツ2」)の現場でずっと私が年上だったんだけど、吉田鋼太郎さんがいらっしゃったから「やった!」と思って。

中井:そっか、鋼太郎さん登場されてたね。

鈴木:だって、あの織田裕二君でさえ、本当は多分8ヵ月ぐらいしか違わないのに、すごく私を姉さん扱いするのよ(笑)。

中井:フフフ(笑)。そう、私たちのもう1個の共通点は「織田裕二さんと深い仲である」ってことだよね(笑)。

鈴木:深くはないよ(笑)。

中井:いや、私も深くはないけど長いよ(笑)。「世界陸上」をやり始めて20年以上経ったからね。保奈美ちゃんはだって、東ラブ(「東京ラブストーリー」)だもんね。東ラブ、今なんか若いバージョン(現代版「東京ラブストーリー」フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」とAmazon Prime Videoで配信中)でやっているじゃない? 観たりする?

鈴木:いや、観たことがないんだよね。観たら多分「あぁ自分はダメだったなぁ」って思ってしまう。「もうへたくそで本当にすいません。こんなへたくそなのを電波に乗せて本当にすいません」って(笑)。

◆鈴木保奈美、芝居にハマる…
中井:この年齢になってどんどん自由になってきたから、新しいことをやってみたいって気持ちにはなるんじゃない?

鈴木:私の場合は、若い頃からちゃんとした訓練を受けてきていないから、舞台でお芝居をしている方が、例えばドラマの現場にいらしたりすると「なんでそんなことできるんだろう?」って思ったりすることが多々あり……ちゃんと訓練しないとダメだなぁっていうのはずっと思っていたのね。それで、ワークショップに参加しようと思って、いろんなところで「ワークショップってどうすればいいんですか?」って。

中井:すごいよね。私は保奈美ちゃんがまさか芝居……いわゆる映画とかテレビドラマとかじゃなくて、舞台をやる人になるとは思いもしなかった。なんか保奈美ちゃんは「私これはやる、これはやらない」ということを若いときはすごくはっきりと決めていた気がする。

鈴木:確かに、そうやって自分をしばってたかもしれないね。

▶▶この日の放送内容を「JFN PARK」でチェック!

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

5月25日(月):NON STYLE・井上裕介さん×上田慎一郎さん
5月26日(火):高須光聖さん×トータス松本さん
5月27日(水):カンニング竹山さん×松尾貴史さん
5月28日(木):吉田照美さん×斉藤和義さん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
スマホアプリ「JFN PARK」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→/http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年5月26日(火)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/