tofubeatsさんが、5月19日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。18日(水)リリースのニューアルバム『REFLECTION』について、パーソナリティのこもり校長とぺえ教頭の質問に答えました。



こもり校長:tofubeats先生は、5月18日に約4年ぶりとなるアルバム『REFLECTION』をリリースされました。“REFLECTION”とは“反射”という意味ですが……アルバムの1曲目「Mirror」を聴いたら、すごく不思議な感じで。すごく大きな音でかけているのに、なんか小さく聴こえるというか。ちょっとおぞましさもありつつ……。

tofubeats:そうなんですよ。実はあの音源には、壊れた駐車場の音が入っているんです。

ぺえ教頭:え?

tofubeats:駐車しに行ったら駐車場が壊れていたんです。(機械音の)“OKです・OKです”が止まらなくなっていて、大人が「どうしよう」ってなっているのに遭遇しまして(笑)。それをiPhoneで録音して、作った曲なんですよ。

こもり校長:おぞましいと思ったの合ってた(笑)。

tofubeats:そうなんですよ。OKじゃない機械が“OKです・OKです”って言ってて(笑)。“OKです”が止まらなくて、OKじゃなくなってたんです。それを大の大人5、6人が「どうしよう……」ってなっていて、僕は車を停められないし「どういうこと!?」ってなって。

校長・教頭:(笑)。

tofubeats:この思い出を曲にしたいなと思って、作った曲が1曲目の「Mirror」なんです。それぐらい、おぞましかったんですよね。「世紀末やんけ」と思って。

全員:(笑)。

ぺえ教頭:よっぽど心に響いたんですね。



こもり校長:今回は、“反射”とか“鏡”とかをテーマに作られたんですか?

tofubeats:“REFLECTION”という言葉には、“自分を顧みる”“反省する”みたいな意味もあるんです。4年ぐらい前に、(突発性難聴を患い)耳をちょっと悪くしたことがあって。今は全然元気なんですけど……。

ぺえ教頭:はい。

tofubeats:そのときに、ホテルに泊まっていて鏡を見ていたんです。そしたら、鏡の中の自分が「耳聴こえてないんだ、今は」って。鏡を見て自分の調子が悪いとか想像したことなかったのに、鏡の中の自分が「耳悪いんや」と思ったら「この落差、不思議」と思って。これをテーマに音楽を作ったら、この不思議さの正体がわかるんじゃないかな、と思って。

ぺえ教頭:うわぁ……。

tofubeats:鏡について4年間、32歳のおじさんが考え続けたアルバムが『REFLECTION』となっております。

ぺえ教頭:いやぁ、繊細すぎるわ……敏感すぎるわ……。

tofubeats:そのビジネスホテルで「鏡ヤバい」と思ったときに撮った写真を、絵にしてもらったのがジャケットになっているんです。

こもり校長:そういうことなんだ!

tofubeats:だから、4年前ぐらいの僕の……聴こえないし鏡ヤバいし、どうしよう? と思っているときの写真なんです。動揺しているからか、鏡越しの自分の顔をインカメで撮っているんですよ。

ぺえ教頭:撮り方が不思議だもんね。

tofubeats:いろいろな意味で、“おぞましい”作品になっていますね(笑)。

ぺえ教頭:自分の心の変化に敏感なんですね。

tofubeats:そんなことなかったんですけどね。やっぱり耳が聴こえなくなるって、ミュージシャンにとっては一大事じゃないですか。そのときは「ヤバい!」とは思ったんですけど、気がついたらパソコンを開いて資格のサイト見てたんです。「次の仕事探してるー!」と思って(笑)。

ぺえ教頭:へぇ〜。資格を取ろうと?

tofubeats:そうなんですよ。このタフさを感じて、面白いなと思いましたね。「いっそネタにしよう」と思って、アルバムのアイデアになっていきました。

こもり校長:その考え方は、めちゃくちゃ好きです。僕らの職業って、日常がネタじゃないですか。それをできるかどうか、ですよね。

tofubeats:そうなんですよ。(リスナー世代の)中高生のみなさんには過激な話題かもしれないですけど、耳が聴こえなくなったことをスタッフに言わないといけないじゃないですか。

ぺえ教頭:そうですね。

tofubeats:それが嫌だったので、ブラジリアンワックスに行って……。

校長・教頭:?????

tofubeats:「ブラジリアンワックスに行ってきたんですよ」って言ったら、余計に心配されたというエピソードもあったんですけど……。

ぺえ教頭:何? 何? どういうこと!?

tofubeats:そんな状態から元気になって戻ってくるまでの4年が、ドキュメンタリーみたいな感じで入っているアルバムなんです(笑)。

こもり校長:その4年間の思いみたいなものは、このアルバムで昇華された感じですか?

tofubeats:そうですね。(この間に)上京もしたんですけど、コロナ禍じゃないですか。だから、東京を全身に浴びることなくここまで来たんで……。周りに変化がない分、自分を見つめる時間が長くなったので、そういう部分がアルバムに出ているって感じですね。



tofubeatsさんは、アルバムの発売日と同日の5月18日に、初の著書『トーフビーツの難聴日記』を発売。突発性難聴を患った話から上京した話、結婚した話やコロナ禍での生活の話、今回のアルバム制作の話などを綴った1冊です。tofubeatsさんは、「まさしくブラジリアンワックスに行った話から始まりまして(笑)、アルバムがどんどん出来上がっていく様子を(書きました)。アルバムも日記みたいな感じだし、本も日記ですし。人と会うことが減ったなかで、自分で記録をつけなから作っていきました」と話していました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年5月27日(金)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/