スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。12月19日(日)の放送は、リスナーから寄せられた「私の2021年」を紹介しました。

江原啓之



◆大変な1年でしたが…
今年、6歳になった上の子どもの脳の難病と発達障害が判明しました。また、性別違和があり、小学校には「心の性別で行く」と(本人が)断言。当たり前ではない健康な命と、我が子の強さを感じた1年でした。

そのようななかで、“一生の宝”となる経験をしました。我が子が性別違和を訴えてから約2年経った今年2月、幼稚園へスカート登園することが決まり、ドキドキしていた当日。緊張しながらもうれしそうでしたが、やはり怖い気持ちはありました。

登園したその日の帰り、登園バッグから折り紙に書かれた手紙が出てきました。なかを見ると、「ハッピーバースデー」と「ピンクのスカートを履いた女の子」の絵が書いてありました。最初は意味がわからず、「誕生日を間違えたのかな?」と思っていました。

スカートを履く前日、担任の先生から「園児の方々に説明をした」と報告があったので、それを聞いたお友達が書いてくれたのだと気づいて涙があふれてきました。我が家の一生の宝となり、大事に大切に保管しています。

大変な1年でしたが「助けてください」と助けを求める大切さと、「こんなにも支えてくださる方々がいるのか……」という、ビックリうれしい感謝の気持ちでいっぱいです。本当に素敵な1年でした。

◆江原からの“ことば”
このメールを読んで、あなたは素敵なお母さんだなと思いました。このようにお母さんが子どもを受け入れて、子どもを本当に愛して、子どもに一番良い道を……と、できるお母さんが、どれだけいるかな? と思うんです。素敵ですよね。

まだ6歳の子どもを認めて受け入れて、そして後押しできるのはやっぱり親の愛。担任の先生も(園児たちに)説明をして、良い人が集まっている。お友達も良い友達。ということは、その友達のお母さんも良い人だということですね。類は友を呼ぶ。波長の法則ですね。お子さんとお母さんの前途を祝します(鈴の音)!

◆江原啓之 今宵の格言
「すべては大切な学びです」
「あきらめてしまってはいけません」

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年12月27日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/