有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。6月20日(日)の放送は、アシスタントに松崎克俊(元やさしい雨)、タイムマシーン3号の山本浩司を迎えてお送りしました。


(左から)松崎克俊、有吉弘行、山本浩司



先日、キャスターの辛坊治郎さんが、悲願のヨットでの太平洋横断を達成。このニュースに「あれだけの事故をしても仕事を休んで“またやりたい!”って思わせるものがある、それだけの趣味を持てるのはいいなと思う。仕事を辞めるぐらいの覚悟で、なにかの趣味に没頭できるかと言ったら、ないでしょ?」とちょっぴりうらやましげな様子。

山本が「そうですね」と相槌を打っていると、有吉は「山本はジョギングがあるじゃん。ジョギングのために仕事を辞めるっていうのはどう?」と提案。しかし、山本はあくまでジョギングはマラソンに挑戦するためのもので「(趣味は)マラソンですけどね! これだけは譲れない」と主張します。

その後、有吉が「仕事を辞めて、42.195kmを走るのはありえないもんね?」と問うと、山本は「ホノルルマラソンに参加するとか、そういう意味では生涯の生きがいになるんじゃないでしょうか」と競技の魅力を伝えます。

すると、「でも(マラソンは)42.195kmで終わりだからね」と有吉。それに「1回の大会はそれで終わりですけど、その向こうにまだまだ続くんじゃないですか」と応戦する山本。それでも有吉は、「でも、もう仕事は辞めているからね、あとはご自由に。42.195kmを走るために『仕事を辞めます』って言って辞めたのなら、もう(芸人には)戻らせないよ」と突き放します。

そして、山本から「また(相方の関太と)コンビを組んで一緒にみたいなことも……」と泣きが入るも、「それは関だって嫌だろ。マラソンをやるたびに『仕事を辞めます』って考えられないよ(笑)。(マラソンを走るにしても)1日だろ、かかったって6時間。そのために仕事を辞めるとか、そんなヤツ信じられないよ」と切り捨てたかと思えば、「俺なら『仕事は辞めなくていいよ、今日だけ休んで行っておいでよ』って言うけどね」と優しさをみせます。

そんなやりとりの末に、有吉は「仕事を辞めてまでする趣味なんてないし、そういう意味では、(そこまで打ち込める趣味がある人は)幸せな人生だと思うな〜」と1周回って辛坊さんを労います。そして、「今後そういう趣味が出てくるかな? 自分の仕事や人生を投げ打ってでもやりたいほどの趣味があるといいと思うな」とあらためてうらやましがります。

それに山本が「散歩は好きじゃないですか。(散歩をしながら)いろいろな国の景色を見たりするのは、仕事を辞めるのに値するんじゃないですか?」と提案すると、「景色が嫌いなのよ(笑)」と一蹴する有吉でした。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00〜21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国23局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!