木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。1月のゲストには、シンガーソングライターの槇原敬之さんが登場。1月12日(日)の放送では、1月8日(水)にリリースした木村のアルバム『Go with the Flow』レコーディング、槇原さんが作詞・作曲を手がけたSMAPの楽曲「世界に一つだけの花」にまつわるトークに花を咲かせました。
◆番組前半記事はコチラ


◆レコーディング時の壁を乗り越える
番組前半は、歌番組で共演したときのお互いの印象や、槇原さんが木村に楽曲提供した「UNIQUE」が収録されているアルバム『Go with the Flow』にまつわるトークで盛り上がりました。

今作の楽曲提供アーティストは、槇原さんをはじめ、B'zの稲葉浩志さん、森山直太朗さん、Uruさんなどそうそうたる顔ぶれが並びます。それだけに、レコーディングでは「“うわっ、ここキツイな……”“この音を出したいのに出ないな”とか、くじけそうになったことが何曲かあった」と木村。

そんな壁に直面したとき、「架空の会場にいるオーディエンスのみんなを想像して、歌詞を1つも見ないで、オーディエンスに向かっている気持ちでやってみたときに、それまで自分が乗り越えられなかったものを、フッと越えられたような瞬間があった」と打ち明けます。

これには、槇原さんも「“歌”って、できた段階では歌のようなものでしかなくて。聴いてくれる人がいて、初めて“歌”になるんだと思っているんです。だから、レコーディングのプロセスにおいて、ただの歌を作っているんですよ。“何とかこの歌を形にしたい”という情熱とかを後押ししてくれるのって、自分の歌を待ってくれている架空の人を想像しますもん、僕も。そこで初めて、自分が作っているものって、自分が聴くためのものでもあるけど、人が聴くものなんだと感じると、エネルギーが湧いてくる。そこは一緒ですね」と大きくうなずきます。

◆「SMAPがいなかったらあの曲は書けていない」
昨年10月にデビュー30周年を迎え、アニバーサリーイヤー真っ只中の槇原さんですが、「やっていることは同じなんだけど、木村さんには“華”がある。僕は、エンターテインメントっていう感じではないんですよ、感覚的に。人前で歌うときが一番緊張するくらい、職人感がある(タイプ)」と話します。

そして、「僕にはそのやり方が合っていたし、木村拓哉には木村拓哉で、その導かれ方が合っているんだなって、すごく納得しましたね。だって、“華”がなきゃ困るんですよ! 木村さんみたいな仕事は」と続けます。

すると木村は、「それこそ今ワードに挙がりましたけど、『世界に一つだけの花』という曲を作っていただいたじゃないですか」と言うと、槇原さんは「あの曲をSMAPに書かせていただいて、本当に感謝していて。実はそれまで、楽曲提供の依頼ってあまりなかったんです。おかげさまですごく大ヒットしたじゃないですか。あれをきっかけに曲の依頼が増えたんです」と打ち明けます。

そして、「洋楽で言うとbjörk(ビョーク)みたいな感じ。デザイナーさんとかが、彼女にいろいろとやりたくなっちゃうような、いわゆるアイコンだった。僕のなかでは、SMAPもそういう存在感だった。SMAPというアイコンに対して、時代とかいろいろなものがあって生まれた宿命みたいな曲。だから、SMAPがいなかったらあの曲は書けていないですよ。それは間違いない」と語ります。

続けて、「皆さん、SMAPのためにと思って曲を書いていたんでしょうけど、オーダーメイドで作っているような感じ。“この服は、ほかの人が着るのを想定して作っていないよ”っていう。もし曲のテーマが同じでも、自分で歌うとしたら違う曲になっていたと思いますもん。だから、今でも自分で歌うことがありますけど、SMAPの歌をカバーしているみたいなイメージで歌っています」と明かします。

◆新曲のモチーフは「バースデーソング」
木村は、今回のアルバムで槇原さんに楽曲提供を依頼する際、「バースデーソングとしてお願いできませんか?」とだけお願いをしたと言います。槇原さんは「僕はそれを受け取って、みんなへの感謝の気持ちとか、『世界に一つだけの花』もファンに対する感謝を感じるんだと。本当にそうだな、と思って。『バースデーソングのような曲を』と言ってくれたときに、“良かった”と思った」と心境を明かすと、「良かった。嬉しいな」と笑顔を見せる木村。

最後に槇原さんは、「『世界に一つだけの花』という歌があって、そのテーマって、“ずっと続いていっていい”と思っているテーマなんです。あの曲だけじゃなく、もっとほかの曲も、あのテーマを歌うべきだと思っていて。だから、5人がいたから『世界に一つだけの花』になったけど、僕のなかでは、それを1ピースを抜いたら『UNIQUE』という曲にしたかった。誕生日のお祝いなんだけど、“君が生まれたことってさ”というところを木村拓哉に歌ってもらわないとね、っていうところですよ」と話していました。

次回1月19日(日)の放送も、引き続き槇原さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

▼「木村拓哉クイズ王決定戦」予選会締め切り迫る! 1月12日(日)23:59まで▼
2020年1月8日(水)にリリースされた、木村拓哉のオリジナルアルバム『Go with the Flow』。同アルバムの発売を記念して、2月24日(月・振休)に開催される購入者限定プレミアムイベントで「木村拓哉クイズ王決定戦」を実施します!

予選会として、本番組「Flow」および無料動画配信サービス「GYAO!」で配信中の番組「木村さ〜〜ん!」にまつわるクイズを、「Flow」公式サイトにて出題。見事予選を突破した“選ばれし回答者”は、イベント会場で行われる本戦に出場できます!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年1月20日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
▶▶80名様に「TOKYO FM」オリジナルグッズをプレゼント! 応募はコチラから◀◀
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/