ロックバンド MUCCのヴォーカル・逹瑯がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「JACK IN THE RADIO」。12月19日(土)の放送では、4人組バンド・シドからShinjiさん(Gt)が登場! 音楽のルーツについて伺いました。


(左から)逹瑯、Shinjiさん



逹瑯:「(逹瑯と)真面目な話をしたことがないので、真面目な話をしたい」と(笑)。確かにしたことがないですね。

Shinji:そうなんですよ(笑)。逹瑯さんの音楽のルーツを聞きたくて。

逹瑯:ルーツかぁ……今でも大好きなんだけど、ヴォーカリストとしての歌詞を書いたりとか歌ったりとかの根本になってるのは、THE BLUE HEARTSと長渕剛さんだと思う。

Shinji:あぁ〜。

逹瑯:そこから、ステージに立つバンドマンのヴォーカル像みたいなところに上書きで乗っかってくるのはBUCK-TICKで、そこから自分なりの解釈でやれる手法が増えてきて、そのなかで大きく影響を受けたエッセンスとして入ってきたのが、THE YELLOW MONKEY ・吉井(和哉)さん。

Shinji:THE BLUE HEARTSだけちょっと意外でしたね。

逹瑯:そう? 大好きだよ。

Shinji:長渕剛さんはわかるんですよ、歌い回しとか歌詞の感じが。

逹瑯:フォークが好きかも。フォークとか歌謡曲。Shinjiくんは?

Shinji:うーん。まぁ本当の1番最初っていうのはB'zなんですよね。

逹瑯:あぁ、そうなんだ。

Shinji:B'zの「ZERO」っていう曲が、僕が中2ぐらいのときに給食の時間に有線で流れて。ヒットチャートの1位だったんです。あのサビで転調する感じとか……。

逹瑯:“ゼロがいい ゼロになろう♪”だ!

Shinji:あの曲に衝撃を受けて。そのときの僕のキャラクターって、わりとガキ大将というか。

逹瑯:マジで!? 全然想像できない(笑)。

Shinji:本当にそうだったんですよ(笑)。それで、給食の時間に友達と遊んでいて、みんな楽器なんてやったこともない人たちでジャンケンでパートを決めて……っていうのがバンドの始まりなんですけど。

逹瑯:……“ガキ大将”が衝撃すぎて、話が全然入ってこない(笑)。

逹瑯・Shinji:ハハハハ(笑)。

Shinji:だけど、B'zってやっぱりちょっと初心者にしては難しいんで。

逹瑯:すごいよね! やってることは難しいのに、あんなにわかりやすく聴こえてくるのって。

Shinji:すごいですよね、ポピュラリティというかね。

◎12月26日(土)放送の「JACK IN THE RADIO」は、NOCTURNAL BLOODLUSTから尋さん(Vo)が登場します。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:JACK IN THE RADIO
放送日時:毎週土曜25:30〜26:00
パーソナリティ:逹瑯(MUCC)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jack