お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。6月26日(土)放送のお客様は、タレントの井森美幸さん。バラエティアイドルとして第一線で活躍されてきた井森さんにお話を伺いました。


井森美幸さん



井森美幸さんは1984年、高校1年生のときにホリプロタレントスカウトキャラバンで優勝。翌年に「瞳の誓い」で歌手デビュー。バラエティアイドルの先駆けとして、多数のテレビ番組に出演しました。「井森ダンス」と称される衝撃的なダンス映像も有名ですが、どの時代からも愛される女性タレントさんです。趣味は野球観戦で、プロ野球から高校野球までを網羅されています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」6月26日(土)放送ゲスト:井森美幸さん


◆バラエティの第一線で活躍

川島:個人的な話なんですけど、井森さんの忘れられないお言葉がありまして。

井森:何!? ドキッとするんだけど(笑)。

川島:6年ぐらい前ですかね。いろんな芸人さんやタレントさんがいるなかで、井森さんと一緒に移動することになったんですよ。普通、井森さんほどのキャリアと実績がある方は、ロケバスではなくて事務所の車に乗られるんです。だけど、井森さんは我々芸人と同じロケバスに乗ってこられて。すごいなって思って、「井森さんは事務所の車で移動しないんですか?」って聞いたら、「私はロケバスでみんなと喋るためにロケに行ってるんだ!」って言われたんですよ。「どんだけ貪欲な人やねん!」って思いました(笑)。

井森:(笑)。そこで話すことでみんなと仲良くなれるじゃない?

川島:そのキャリアで、それができるのがすごいんです。今、デビューして何年目ですか?

井森:私ね、推定35年(笑)。

川島:僕が物心ついた頃に観ていたテレビで、井森さんは、すでにいた気がします。「クイズダービー」(TBS系)だったかな?

井森:ホントに(笑)!? 私と川島くんって、そんなに変わんないよ?

川島:大橋巨泉さんの横で、「井森はしょうがないねえ〜」みたいなことを言われながら爆笑を取っていました。そこからずっと、芸能界の第一線で活躍されていますよね。

井森:いやいや。寝て起きて……を繰り返してたら35年だよ!

川島:天才なんですよ。

井森:違う(笑)。

川島:井森さんって、ずっと高いラインで活動されているんですよ。井森美幸さんを目指すバラエティの女の子たちって、結局は目指せない存在だってことに気付くんですよね。

井森:そうかなあ。でも、「どうやってここまで来たんだろう」とは思うよね。人に助けられたり、いろんな人たちとの出会いでやってこれた35年だったかもね。


バラドルとして、バラエティ番組に出演されていた当時の井森さん



▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も、ぜひチェックしてください!

次回7月10日(土)のお客様は、サッカー解説者・松木安太郎さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/