プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。5月8日(土)の放送は、前回に引き続き、元競泳日本代表でメダリストの松田丈志さんをゲストに迎え、お届けしました。


松田丈志さん(右)とパーソナリティの丸山茂樹



◆ベストスコア102も飛距離は320ヤード!

丸山:松田くんの出身地、宮崎県にちなんだ話題を。宮崎県でゴルファーの憧れの地と言えば、フェニックスカントリークラブ(以下、フェニックス)ですけど、プレーはしたことはあるの?

松田:2回ぐらいですね。

丸山:え〜っ、なんで!?

松田:5年前まで現役だったので、現役時代は合宿でよく泊まっていたんですけど、さすがにプレーまではしていなくて。いま、子どもが4歳と1歳といて手のかかる時期なので、「ゴルフに行ってくるわ」と言いづらい現状がございます(苦笑)。

丸山:お互いに助け合っていかなきゃいけないときだもんね。(子育てが)落ち着いたらぜひ。

松田:そうですね。

丸山:フェニックスは今年50周年と歴史のある日本屈指の名門コースですよね。タイガー・ウッズも来て、宮崎牛を毎回670g食べるというね。

松田:料理長がよくその話をしますよね。「タイガーが、この肉を670g食べたんですよ!」って(笑)。僕、「宮崎出身なんです」って話をすると、ゴルフが好きな人だと「あっ、あのフェニックスがあるところだよね!」ってよく言われます。

丸山:そうだよね。フェニックスってゴルファーにとっては必ず出てくるワードだもんね。

松田:みなさん、「いつか(フェニックスに)行ってやりたいんだよね」って言いますよね。

丸山:松田くんのベストスコアはいくつなの?

松田:丸山の前で言うのは恥ずかしいんですけど、102なんですよ。

丸山:じゃあ、まだまだ伸びしろがあって楽しいじゃん!

松田:半笑いじゃないですか!

丸山:そんなことない(笑)。だって、あの康ちゃん(北島康介さん)も最初のうちはめちゃめちゃ下手だったんだから。それがいまはすごく上手になって。やっぱり(アスリートは)運動能力があるから、ちゃんと覚えたら(スコアも)いくから。

松田:まだ100を切らないところで焦らしているんですけど(苦笑)。一緒に回ってくれた方からは「ポテンシャルはあるね」ってよく言われます。

丸山:そりゃあ水泳界の(ブライソン・)デシャンボーですからね(笑)。その体だし、ポテンシャルは絶対に持っていると思う。だって、康ちゃんも飛距離がすごく伸びたもん。

松田:飛距離も伸びたんですか!?

丸山:そう。(ボールの)捉え方もすごく上手くなってきているから。(ベストスコアが)102だったら、ここからがどんどん伸びていく楽しいときですよ。子育てが落ち着いたら、ぜひやってもらいたいです。

松田:そうですね。

丸山:だって飛びそうじゃない、当たったら。

松田:それこそフェニックスでコンペをやったときに、ドラコン(※ドライバーでの飛距離を競うドライビングコンテストの略称)を獲ったんですよ。たぶん320ヤードぐらい飛びました。

丸山:マジで!? それはすごい! 絶対にゴルフやったほうがいいよ。

松田:そのときはずっとドライバーの調子が悪くて、曲がりまくっていたんでよ。一緒に回っていた宮崎の若いプロの子が、パワーヒッターでよく飛ばすので「1回だけドライバー貸して!」って言って打ってみたら320ヤード飛んだんですよ。

丸山:要は(道具の)スペックが合っていなかったんだね。

松田:それですぐにそのドライバーの写メを撮って、「これがいいです!」ってすぐに買いました(笑)。

丸山:ぜひ今度一緒にやって、見ますよ。

松田:恥ずかしいけどお願いします。

◆松田丈志が見据える今後の夢とは?

丸山:これからもずっと水泳界には関わっていくの?

松田:当然、自分のルーツである競技ですから水泳界のためにという思いは持っていますし、水泳という競技を幅広い世代の人が楽しめるように。あと、トップの選手は稼げる競技にしていくことも大事だと思うんですよね。

丸山:確かに。

松田:それは北島康介さんが切り拓いてくれた部分もありますけど、後輩たちもどんどん活躍して、トップ選手は稼げるようになって憧れのヒーローになっていかなきゃいけないですし、それが次世代につながっていくと思うので。

丸山:最後に、松田くんの今後の夢や目標はありますか?

松田:いまスポーツジャーナリストとして活動していて、水泳は自分のルーツではあるんですけど、水泳以外のスポーツにもどんどん取材して関わって多くのスポーツを伝えられる人間になっていきたいです。

丸山:なるほど。

松田:それを通してでもあるんですけど、日本のスポーツ界を見ていると、ガバナンスの問題などいろいろな団体が取り上げられていて、まだまだ正しく機能していないと感じる部分、組織ってあると思うので。そういうところを、僕がいますぐにどうこうできるとは思ってはいないですけど、自分が学んでいくことによって、スポーツの正しいやり方、伝え方、組織の作り方といったものを学んで、実践していけたらと思っています。

次回5月15日(土)の放送は、元プロ野球選手の槙原寛己さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年5月16日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00〜7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/