山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。8月18日(木)の放送では、みんなの“読書感想文”をシェアしました。


※写真はイメージです



世の中をザワザワさせているニュース“ザワニュー”のなかから、気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日のテーマは“ダレハナ・ひとこと読書感想文!”。読書感想文に関する思い出やエピソードを教えてもらいました。

まずは、文章を書くのは好きだけど読書感想文は苦手というリスナーから。「小学1年生のとき、夏休みの宿題である読書感想文を全然書こうとしない私に痺れを切らした母が、『これを写して出しなさい』と書いてくれた読書感想文が表彰されてしまい、『戒めにしなさい』と長らくその表彰状が家の壁に貼られていた。それを見るたびに『反省』となればよかったが、当時小学1年生の私は“才能があるのかも!”と妙な勘違いをしていた」というメッセージに、思わず笑ってしまうれなち。

この他、「姪は小学1年生のとき、桃太郎の読書感想文で『川上から大きな桃が流れてきたら引く』『桃から男の子が出てきたら警察に届けるのが普通』など冒頭から自由奔放。さらには『食べ物で釣って言うことを聞かせるのはお母さんと同じ』など、言いたい放題。これをそのまま提出させた妹、そして優秀作品に選んだ先生方に感服」。

また、「小学高学年の頃、まったく本を読まずに書くネタに困った結果、日頃から読んでいたマンガ『日本の歴史 徳川家康』を伝記作品風に書いたら、それが市の優秀作品に。まさかマンガの感想文で賞を獲ってしまうとは……。心のなかで“ちょろい”と思ってしまった」と予想外の表彰エピソードが多数。

一方、「読書感想文のコツは、読みながら感想を箇条書きで書き出していくこと。最初のひと言目が難しいので、箇条書きのなかから選べば書きやすいし、文字数も稼げるはず」と、これから読書感想文を書く子どもたちへのアドバイスも。

さらに、「僕が最近読んだ本は、松岡圭祐さんの『ミッキーマウスの憂鬱』。最初はモヤモヤが溜まっていくが、後半になるとモヤモヤがひとつずつ晴れ、読み終わったときにはスカッとできる素敵な作品だった」とリアルな読書感想文も。

そして、「次男が小学6年生のとき、マンガ『アンパンマン』で読書感想文を書いていた。相関図の解説や(作者の)やなせたかし先生の思いなどを考察した内容だったが、提出して怒られないかヒヤヒヤした」といったリスナーも。

他にも、「小学4年生の夏休み、読書感想文がどうしても終わらず、架空の話を作って作文を書いたことがある。主人公が努力を重ねて夢を叶える、ありきたりの話だったと思うが、なんとか先生にバレずに済んだ。が、今思うとバレていたのかもしれない」というメッセージに、れなちは「逆に物語を自分で作れちゃうほうがすごい!」と驚きの声を上げます。

さらには、「我が家の長女は中学時代、3年間同じ読書感想文を提出していた。注意しても『担任は変わっているし、わからないでしょ』とサラッと言い退けていた娘。ごくごく平凡な文章なので、目立つことなくやり過ごせていたそうだが、心臓に毛が生えていたとしか思えない」という強者も。これには「本当はダメですよ」と注意しつつ、「頭いいですね〜」とちょっぴり感心するれなちでした。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年8月26日(金) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:山崎怜奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/