山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。8月1日(月)の放送は、4人組ボーイズグループ「OWV(オウブ)」から本田康祐(ほんだ・こうすけ)さんと中川勝就(なかがわ・かつなり)さんをゲストに迎えて、お送りしました。


(左から)本田康祐さん、パーソナリティの山崎怜奈、中川勝就さん



日本最大級のオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」に参加した元練習生4名により、2020年4月に誕生したOWV。「ダレハナ」出演は、今年3月に本田さんと浦野秀太(うらの・しゅうた)さんがスタジオに来てくれて以来で、2度目の出演となる今回は本田さんに加え、中川さんが初登場。

グループのリーダーでもある本田さん。「グループの兄貴って感じで、僕らの意見をまとめ、大人たちと話してくれる」と中川さんも信頼を置く一方で、本田さんから見た中川さんの印象は「天然・ポンコツ・ラッパー野郎」と散々な物言いで思わずれなちも苦笑い。ただ、中川さん自身は「否定できないところが悔しい」と苦笑いします。

OWVのYouTubeチャンネルでは、かっこよく踊るミュージックビデオが多数並ぶ傍ら、りんご飴を作ったり、運勢を占ってもらったり、ピクニックに行ったり、ゆるくてかわいい一面も多数。動画を観たれなちが、メンバー間の仲の良さに感心していると、本田さんも「そこがOWVの魅力」と胸を張ります。

みんな特別仲良くなろうとはしていないものの、OWVは勝手に仲良くなり、ケンカをすることも一切ないそう。仕事だけでなくプライベートも共有することが多く、つい先日、本田さんは中川さんの両親とご飯に行っていたとの告白も。

それを聞いたれなちは「(メンバーの)ご両親と!?」と目を丸くしていましたが、本田さんにとってはいたって普通のことのようです。時折、メンバー4人全員でドライブに行くぐらい普段から仲が良いと言います。

また、それぞれ個性豊かでキャラが濃いのも特徴のひとつで、れなちからは「自分がOWVファンだったら誰を推しますか?」という質問が。本田さんは「客観的に見て、浦野秀太くんはMCのような立ち位置で、面白いことを率先して言ってくれるし、グループのムードメイカー的な存在なので応援しやすい」と真面目に答えるも、中川さんは「僕は自分です(笑)」とまさかの自分推し。れなちもビックリの天然っぷりを見せつけます。

そんなOWVは、7月27日(水)に6枚目のシングル「Time Jackerz」をリリース。今回は“LIVE”がテーマで、それは「僕らの魅力はライブに詰まっていると思っていて、それが最大限発揮できるようなコンセプトの曲を作りたかった」と中川さん。

加えて、OWVのライブの魅力については「4人しかいないなかで、迫真のパフォーマンスというか、全員が全力で本気でやっている姿は魅力的だと思う」と熱弁。

今後は、8月19日(金)から3日間に渡って千葉・幕張メッセで開催されるお笑いフェス「LIVE STAND 22-23 TOKYO」に出演予定(OWVの出演は8月19日(金))。お笑いライブでのパフォーマンスになりますが、事務所が吉本興業のOWVにとってはいつものこと。

本田さんは「普段からいろいろなお笑いのイベントに出演させてもらっているんですけど、今回は日本最大級。そして、お笑いではなくアーティストとして出演するので、先輩方にかっこいいところを見せられたら」と抱負を語っていましたが、れなちは“お笑いではなくアーティストとして出演”という部分に引っかかる様子。

恐る恐る「お笑いのほうではないって、お笑いで出たこともあるんですか?」と聞いてみると、中川さんは「数えきれないほど」と即答。これまでお笑い芸人に混じって、さまざまなコントや漫才をおこない、さらには事務所が吉本興業ということもあり、普段から「吉本に恥じないトーク」を心がけているとのことでした。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年8月9日(火) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:山崎怜奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/