TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。この日のお客様は、大久保佳代子さんとSKE48・須田亜香里さん。ここでは、番組収録でのモチベーションの変化や、大久保さんの“ブレイク前から現在まで”を自身で振り返りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


奥:須田亜香里さん、手前:大久保佳代子さん


◆“爪痕を残す”に違和感があった(須田)
大久保:SKE48と「※エビシリーズ」をやっているときって、みんながまだ(出方が)分からないから、とりあえず前に出ようとすることもあったし、特にダースーはガツガツ系というか、やる気満々な子だったよね。
※エビシリーズ…大久保さんがMCを担当されていた、SKE48のバラエティ番組シリーズ(日本テレビ系)

須田:そうですね、とにかくハングリーみたいな。

大久保:一緒にラジオをやっているときもそうだったけど、何か久々に面と向かってしゃべっていると、すごく落ち着いた感じがする。

須田:いやなんか、すべてを受け入れるようになりました。

大久保:ウワー、ちょっと重そう(笑)。どういうこと?

須田:(笑)。焦るのをやめたというか。番組に出るときも、以前は“盛り上げなきゃ”“存在感を残さなきゃ”みたいな。

大久保:はいはい。

須田:それこそアイドルで言うと、“爪跡を残す”って今でもけっこう使われていると思うんですけど、あの言葉にずっと違和感があって。だから、そういうのを止めました。

大久保:(爪痕を)残せないときは残せないし。

須田:はい、場の空気を乱してまで残すことじゃないなって(笑)。

大久保:すごい(笑)。ここ2、3年、グルッといろいろ(現場を)周ってきて自信も付いたんじゃない?

須田:自信というか、それこそ“受け入れる精神”なんですけど、自分が良かれと思ってやったことで嫌われたり、もう使われなくなってしまっても“仕方がないな”って思うようになりました。

大久保:じゃあ、良かれと思ったことは前に出てちゃんと言うし。無理して求めていることをやろうとは思わないってこと?

須田:そうですね。

大久保:あら、落ち着いた良いお嬢さんになって。

須田:(笑)。

大久保:今日も黒のセーターでシックな感じで。

須田:もう30歳になりましたし(笑)。

大久保:30歳?

須田:はい。30歳の頃は何をしていましたか?

大久保:区切りが良いから覚えているんだけど、「めちゃ×2イケてるッ!(以下、めちゃイケ)」(フジテレビ系)のレギュラーになったのが30歳なの。

須田:そうなんだ!

大久保:だから20代の頃は、そんなにテレビもガッツリやってないし。でも“私には何かあるんじゃないか?”って思って、芸能界に片足を突っ込んだままOLをしていて。もちろんオアシズの活動もしていたんだけど、30代でそういうチャンスがやってきたので、そこから仕事がバーッと入ってきて、気がついたら40歳も超えて……みたいな。だから、30代って怖いよ〜。

*   *   *

須田:切り込んだ質問かもしれないんですけど、“芸能界を続けるかどうか?”って考えたことがありますか?

大久保:ここ何年かはないかな。30歳くらいで、めちゃイケというビッグな番組のメンバーになって、ワーッと仕事をしているうちに、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)とか、一部の番組が喜んで使ってくれるようになって、30代後半からクイズ番組や朝の情報番組に出るようになったりして。

いわゆるマルチ(タレント)的な感じでバーッて仕事が広がっていって、今もやらせてもらっているから……すごく暇になったり、ポカンと時間が空いたら“婚活をしよう”とかって思っていたけど、意外とそんな時間もないまま、ここまできちゃったんだよね。

須田:じゃあ、悩む時間があまりなかった?

大久保:そうだね。“仕事があるから”っていうことを理由付けにして、悩まずになんとなく過ごしちゃったんだよね。

須田:へぇー!

----------------------------------------------------
▶▶大久保佳代子、唯一の恋愛報道を振り返る 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/