モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、12月13日(月)〜12月17日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。


(左から)吉田明世、ユージ



◆47品目
ISS(国際宇宙ステーション)に滞在するにあたり、前澤友作さんは「民間人しか持っていけない宇宙食を持っていきたい」と話していたそう。JAXA(宇宙航空研究開発機構)が宇宙日本食として認証しているのは「47品目」です。

47品目のラインナップを見たユージは、「インスタント焼きそばや即席ラーメンなどもあって、品揃えがけっこう豊富。すごいね、こういったものも宇宙に持って行けちゃうんだね」と驚いていました。

◆5万字タワー
漫画「鬼滅の刃」の影響で漢字に興味を持つ人が増え、京都にある「漢字ミュージアム」が人気を集めています。同施設にそびえる「漢字5万字タワー」には、世界最大の漢和辞典「大漢和辞典」に収録されている約5万字の漢字が四面をかざっています。

漫画「鬼滅の刃」の登場キャラクターや鬼、必殺技の名前に、難読漢字や熟語が登場することもあり、「鬼滅の刃」のファンだと思しき子どもたちが数多く訪れているそうで、ユージは「『鬼滅の刃』はけっこう漢字が出てくるからね。(鬼殺隊の上着の)背中にも『滅』と書いてあったり。『水の呼吸 壱ノ型』 の壱も漢字だもんね」と納得の様子でした。

◆8年ぶりの全面改訂
三省堂は、8年ぶりの全面改訂となる「三省堂国語辞典 第八版」を、12月17日(金)に発売。第八版では、およそ3,500項目の新たな言葉が追加される一方で、およそ1,100項目の言葉がなくなるそうです。

“コギャル”、“MD”、“着メロ”などがなくなる言葉に含まれていることを聞いたユージは、「残念。コギャル文化は僕の世代ならではの言葉だし、MDや着メロも懐かしいけど、時代の流れのなかでは仕方がないのかな……」と話していました。

◆1人あたり1商品1個まで
12月14日(火)から、東京ディズニーリゾートのパーク内やホテルにある店舗でお菓子・食品類の販売が中止になっています。これは、新型コロナウイルスの影響による入園者数の制限が緩和されたことで、1人あたりの買い物の点数が想定以上に増えて在庫不足となったため。

公式アプリを使ったオンラインでの購入のみ(パーク入園者のみ)で、「1人あたり1商品につき1個まで」という厳しい制限がかけられています。なかには、転売目的で購入している人もいるそうで、吉田が「転売はよくないことなのでやめてください」と呼びかけていました。

◆66
12月26日(日)に開催される競馬のG1「第66回 有馬記念」。今回、有馬記念を盛り上げるために、JRAと「マツケンサンバII」がコラボしたスペシャルサイト「マツケンアリマ66」が話題となっています。

今回のコラボで特に話題を集めているのが、「健さんとおうちでアリマ」というゲーム。これは、健さんから質問される4択クイズを回答し、5問連続で正解するとゲームクリアとなり、スペシャルムービーを観ることができるというもので、ユージは「おもしろいし、ぜひ観てほしい」とおすすめ。

ちなみに、クイズに間違えてしまうと健さんが踊りだしてしまうため、ユージは「何回やってもダメで、健さんが踊りだしちゃって(苦笑)。これ、間違えても盛り上がるよね」とすっかりハマってしまった様子でした。

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜9:00
パーソナリティ:ユージ、吉田明世
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/