Mrs. GREEN APPLEの大森元貴が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。リスナーから届いた相談に回答しました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! ミセスLOCKS!」10月20日(火)放送分)



――リスナーの相談
【僕は、人を信頼して素直に心を開くことがなかなか出来ません。友達は本気で言ってないかもしれないけど、そこで放たれた言葉がずっと心に引っかかって心を閉ざしてしまうことが多々あります。でも、人を信じることを諦めきれない自分もいます。元貴先生は、「信頼」って何だと思いますか?(18歳男性)】

大森:信頼……信頼ね〜。僕、信用と信頼がそもそも違うものだと思っていて。信頼のほうが、中身の繋がりがある気がするんですよ。でもね、これ持論ですけど……本当に人を信頼しきる、信用しきるって、物理的に無理だと思うんですよ。よっぽど強い繋がりがない限りですけど。でも基本的に信頼っていうのは、“信頼したいと思う気持ち”みたいなことを指すのかな? と思っていますね。その人を信じたいと思う心みたいな……。

だから、諦めきれてなくていいと思うんですよ。信じることを諦めないでください。人を信じることが信頼なので。でもそこに頼りすぎちゃうと、自分が違うなーとか傷ついたなーと思ったときに、その人のせいにするしかなくなっちゃうので……それは違うと思うんですよ。だからこう……語弊があるかもしれないけど、僕は“裏切られてもいい”みたいな気持ちが、信頼の答えなのかなと思います。

【大森先生ってすごい悔しいことがあったときは、どうやって自分を落ち着かせていますか? 私は悔しいときは、いつも人や物に当たってしまいます。大森先生はどうですか?(11歳女性)】

大森:11歳! いらっしゃいませだね〜。11歳のころはメールなんか送れなかったですよ、僕。すごいなー。ありがとうございます。

悔しいときにどうしたらいいか……(相談者は)人や物に当たってしまうんだね。僕の場合は、全て自分に非があると思います。悔しいことがあったら、「あーもう全部僕のせいだ」と(笑)。悔しいときには、自分の力不足だったり、自分がこうだったあーだったって思いますね。

“悔しい”ってつまりどういうことかというと……「もっとこうできたはずなのに」とか、「もっとこうなのにダメだった」とか、「本当は違うのに」みたいな瞬間だと思うんです。結果的にアウトプットでそうなったってことは、単純に自分の力不足かなって僕は思ってます。24歳の男の子の話ですけど……(笑)。たまに悔しいことも言われたりするじゃないですか。でもそれってなんで悔しいか? ってひも解いていくと、全部図星なんだよね……って思ったりしますね。

でも、11歳でこういうこと考えられるのは素晴らしいですね。すごいなって思う。きっと20代30代、いろんな人も悩んでると思うよね。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年10月28日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜金曜 22:00〜23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

★★10/19(月)〜10/23(金)は、スペシャル授業を開催!! ★★