QuizKnockの伊沢拓司さんとふくらPさんが、1月14日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのさかた校長、こもり教頭とともに、16日(土)、17日(日)に行われる大学入学共通テストに挑む受験生のリスナーと電話をつなぎ、当日に向けた宣言を聞きました。その後編。



この日は、『SCHOOL OF LOCK!応援部 宣言メイトスペシャル!! supported by カロリーメイト!』と題して放送。当番組内のコーナー「天才LOCKS!」で受験生にエールを送っている伊沢さんとふくらPさんが、リスナーの受験に関する質問にアドバイス。さらに伊沢さんと番組内で応援部の顧問をつとめるこもり教頭が、カロリーメイトに応援メッセージを書きました。

◆19歳・女性リスナーの宣言
『去年は全部不合格だった。今年こそは第一志望だけでなく、受けた学校すべてで合格するように頑張ります!』

さかた校長:今は浪人生ということだね。本番直前だけど心境はどう?

リスナー:去年のセンター試験とは形式も変わっていて、それにプラスしてコロナもあって不安がかなり大きいです。

さかた校長:そうだよね。せっかくだから、QuizKnockのお2人に聞きたいことはあるか?

リスナー:はい。共通テストの1日目と2日目の間には、何をやればいいですか?

伊沢:いい質問ですね。僕はまさにこれをやらかしたんですよ。センターではなくて二次試験だったんですけど、1日目の試験が終わった帰り道で20点分を落としたことに気づいたんです。数学で求めるべきものを間違えちゃって、440点満点で20点ミスしていたんです。もう焦っちゃって頭が真っ白になっちゃって、結局ずっと2日目の科目を勉強したんです。

さかた校長:うんうん。

伊沢:もう興奮して眠れなくて、当日も4時間くらいで起きちゃって……最終的に、眠すぎて試験の最後の5分くらい寝ちゃってたんです。これは超ミスです。

ふくらP:(笑)。

伊沢:なので、1日目のことは振り返らないほうがいいです。ミスったなと思っても普段通りにやればいい! むしろ1日目と2日目の間で頑張りすぎると、悪い影響が出るので。あくまでも2日セットで、平常心を保つことを意識するのがいいと思います。

こもり教頭:うん!

ふくらP:自己採点は絶対にしないほうがいいですね。
(※番組の終わりには「もし自己採点しちゃっても、それはそれで自分の選んだ道だから“いい!”と思ってほしい」ともアドバイスしています)

伊沢:間違いない!

ふくらP:けっこうあるあるなのは……「あれって合ってたのかな?」って考えちゃうんですけど、それをやっちゃうとどんどん不安になってしまうと思うんです。実際僕も、1日目に「落ちたかな?」って思っちゃっていたんだけど、結局受かっていたんです。「落ちたかな?」はみんな思っていることで、必ずしも落ちているわけではない。たまたま当たっていることもありますし、切り替えたほうがいいです。自信があってもなくても、自己採点はしない。これをオススメします。

リスナー:すごく参考になりました。


さかた校長:去年は全部不合格だった、ということだけど?

リスナー:はい。10校くらい受けたんですけど……前期はだめで後期もだめでした。

伊沢:そうか……キツかったね。

さかた校長:じゃあそこからの1年は、けっこう勉強したの?

リスナー:はい。10時間から12時間くらいは勉強しました。少なくとも、人生でいちばん勉強した1年でした。

こもり教頭:すごいよ!

さかた校長:それは人生でいちばん頑張ったということだね。自信を持っていいと思うよ。

伊沢:その間に見つけたこととか、気づいたことってありましたか?

リスナー:はい。見つけたことというよりかは……私はものすごく英語が苦手だったんですけど、英語の文章を読んでいて自分の好きなことに関連する内容だったら、読んでいても楽しいことに気づきました。

こもり教頭:いいね〜!

ふくらP:もうそんなに勉強しているんだったら、1年前とは全然違う人になっていると思いますよ。全部落ちちゃったこととかもう関係ないと思うので、全部合格するという気持ちでやってほしいですね!



◆カロリーメイトに書いた応援メッセージは……
こもり教頭:『まだ勝ってない』
去年すべて不合格だったことを、負けてしまった、失敗してしまった、と思っているかもしれないけど、ただ勝っていないだけなんです。今年ことは必ず勝利しよう!

伊沢拓司:『導かれた一年を誇りに』
お話を聞くと、この1年間は本当にたくさん勉強されたのですね。そのなかで、勉強に対する楽しさの気づきまであったと。となると、この気づきは神から与えられた必要なものだったのではないか、とすら思います。去年は必然で大事だった、ここまでやれたということを誇りに、本番に向かっていただければと思います。無駄なんてひとつもなかった!

リスナー:ありがとうございます!

さかた校長:本番いけそうか?

リスナー:はい、すごく自信が出てきました!

さかた校長:頑張れよ!

リスナー:ありがとうございます!



また番組の最後には、ひかりのなかにのヤマシタカホさんが登場。当番組の受験生リスナーのために書き下ろした応援ソング「MOVE ON!」を初披露しました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年1月22日(金)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜金曜 22:00〜23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/