フリーアナウンサーの青木源太さんが、8月9日(月)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのさかた校長とこもり教頭が、フリーになってからの生活や気持ちの変化を聞きました。



さかた校長:青木源太先生は、もともと日本テレビのアナウンサーとして数々の番組を担当されましたが、大のジャニーズ好きアナウンサーとして知られております!

こもり教頭:今の情報だけで、「あの人か!」と思っている生徒(リスナー)も多いんじゃないかと思います。

青木:こもり君のことも、ちゃんといつも見ていますよ!

こもり教頭:本当ですか?! 僕のことも「好き!」って言ってください!

青木:「こもり君、好き!」(笑)。

こもり教頭:ありがとうございます!!


――フリーになって「コミュニケーション不足の寂しさがありました」

さかた校長:フリーアナウンサーになられたのは、いつごろですか?

青木:2010年の11月にフリーになったので、今で9ヵ月くらいですね。でもこの9ヵ月間はとても長く感じて……日本テレビを辞める最後の5年間は午前中の帯番組のMCをやっていたので、生活がルーティンというか規則正しかったんです。それがなくなって、新しい仕事現場に行って、新しい仕事仲間になってご挨拶して、を繰り返しているので、この9ヵ月間は時の流れがとても長く感じております。ありがたいことに充実していますね。

さかた校長:5年間のルーティン生活から、身体ってすぐに戻ったんですか?

青木:いや、最初は疲れも感じましたね。それまではアナウンス部の仲間とコミュニケーションを取る時間が仕事の前後にあったんですけど、フリーになると1人で仕事場から仕事場に行く感じなのでコミュニケーションが減ってしまって。コロナ禍というのもあり、仲間とも会えないじゃないですか。だから最初のほうは、コミュニケーション不足の寂しさがありましたね。



青木源太さんは、8月10日に著書『口ベタな人ほどうまくいく たった1日で会話が弾む! 話し方のコツ大全』(宝島社)を発売。この日の放送では「コミュ力反省会」と題し、10代のリスナーから届いた会話の失敗エピソードに対するアドバイスしていきました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年8月17日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/