鈴木おさむと陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park」。音楽配信サービス Spotify 協力のもと、今週アクセスが急上昇した上位 20 曲を生放送でカウントダウン。1月8日(金)放送のゲストは、人気YouTuberのエミリンさんが登場! 初の書籍「ここは負けても死なないテーマパーク」のなかから、名言をピックアップしていきます。

(左から)鈴木おさむ、エミリンさん、陣


◆自分へのコンプレックスがめちゃくちゃ強かった

鈴木:他人にメイクや服のコーディネートをしてもらうって、(「ここは負けても死なないテーマパーク」には)書いてあるんですけど、これはなぜですか?

エミリン:結局自分で選んでも、自分が似合っているものとは違うなって思うんですよね。自分自身も人のインスタとかを見て、「この子は絶対に髪を切らないほうがかわいかったのに」とか、「この子なんか系統違うけど、こういうメイクのほうが絶対いいのに」って思っちゃうこともあるじゃないですか。ってことは、私もそう思われてるんだなと思って。それ以降、友達に相談して、客観的な意見をもらってからメイクを変えるようにしたら、褒められる回数が格段に増えました。

鈴木:それ、めちゃくちゃいいですね。僕は30歳で結婚して、今まで自分で選んでいた服がどうだったか、奥さんに聞いたりすると、自分にまるで似合わないものとかがあって。それって恋愛も本当ににそうで(笑)。

エミリン:分かります!

鈴木:結局、自分が恋してしまう相手って変わらないんです(笑)。服もそうで、意外と自分が着ない服が似合っていたりするんだよね。

エミリン:そうなんですよ(笑)。

鈴木:そして、この言葉もすごく好きです。「前と言ってることが違っても、それは変化なんだと自分で受け入れてあげる」。これはいいですね。

エミリン:はい。私ってもともと自分へのコンプレックスがめちゃくちゃ強くて、一時期的に女を放棄したんですよ。おしゃれをすることも、女として生きることもやめて、「だからみんな私のことを好きになって」みたいな時期がすごいあったんです。それを貫いた結果、すごく虚しくなってきてしまって。ただただいやな気持ちになるだけだったので、考え方をまるっと変えてみたんです。

もともと「服なんかただの布だから、そんなものに囚われたくない!」って思っていたんですけど、ちゃんと服を楽しもうと思って服を着るようにしてみたら、やっぱり意外と楽しいんですよね。毛嫌いをしていたけど、こういう楽しみ方もあるんだと。ファッションって自分に自信をつけたりとか、自己肯定感を高めたりとか、意味があってやるものなんだっていうのに気づいてから、今ではアパレルブランドを立ち上げるくらいに服が好きになったんですよ。

鈴木:自分が言ったことって、変えてもいいですもんね。変化ってすごい大事ですよ。

◆年齢制限のあることから先に手をつける

鈴木:この本(「ここは負けても死なないテーマパーク」)ですごくおもしろいなと思ったのが、「年齢制限のあることから先に手をつけよう」って話。例えば、このオーディションは25歳以上は受けられないとかあるじゃないですか。自分の夢があったとしたら、年齢制限があるものから先に手をつけようって書いてあるんだけど、本当にその通りで。

陣:確かに、後からできるものは後からできますしね。

鈴木:やっぱり男の目線では気づけないことって結構あって。モデルの女友達が言っていたのが、履歴書上の「25歳」ってすごく大きいんだって!

エミリン:分かります!

鈴木:24歳まで、みたいな。そういうのがすごい多いから、24歳で止まってるモデルが非常に多いって話を聞いたことがあって(笑)。

エミリン:ふとしたときに「私が1番最初になりたかったものってなんだろう」って考えたら、アイドルの「ミニモニ。」になりたかったんですよね。でも今からアイドルになろうって思っても、それこそ年齢制限があるから絶対に無理なんですよ。

乃木坂46だろうがAKB48だろうが、どこのアイドルを探しても27歳を受け入れてくれるアイドルなんてほとんどないので。「あぁ、いくつになっても夢が叶うっていうのは嘘なんだな」と思って。そんなことを思ったときに「若い子に言っておいてあげたいな」と思って書いた感じですね。

鈴木:残酷ですけど、年齢って厳しいわけですよ。僕は48歳なんですけど、スーパーのパート募集とかあるじゃないですか。ああいうのって、結構年齢(制限)が厳しいんですよ。だから、みんな20代とかだと若いって言うんですけど、僕は「すぐに40になっちゃうよ」って言うんです。だから、エミリンみたいな気持ちで、年齢制限のあるものから手をつけるのは挑戦する理由にもなるし、とってもいいなと思いました。

<番組概要>
番組名:JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park
放送日時:毎週金曜 12:00〜14:55
パーソナリティ:鈴木おさむ、陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jump/