作家・村上春樹さんと坂本美雨さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FM/JFN全国38局フルネットの年越し生特番「村上RADIO年越しスペシャル〜牛坂21〜」が、2020年12月31日(木)23:00から2021年1月1日(金・祝)1:00まで放送されました。この記事では、美雨さんとのカウントダウン・トークの概要を紹介します。


村上RADIO



番組初・村上さん初の生放送となった「村上RADIO年越しスペシャル〜牛坂21〜」。いろいろあった2020年を締めくくり、明るい気持ちで新年を迎えるべく、大晦日の京都のスタジオから2時間の生放送でお届けしました。今回は、村上さんによる「明るい2021年を迎えるための選曲」や、ゲストに京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授、霊長類学者の山極壽一京都大学前総長を迎えたスペシャル対談をオンエア。また、メッセージテーマ「2020年で一番よかったこと」を募集し、メッセージが採用されたリスナーには、村上さんから特製ラジオネームの“お年玉”がプレゼントされました。

*  *  *

美雨:今日は京都某所からお届けしています。わたしは京都で新年を迎えるのは初めてなんですが、春樹さんにとって京都はどんな場所ですか?

村上:僕は父親が京都出身だったので、お正月は父の生家によく来ていました。やっぱりすごく寒くて、雪が降っていた記憶があります。でも、京都の雪は牡丹雪っていうのかな、少し湿った雪なのであんまり積もらない。でも寒いです。

美雨:年越しはいつも京都で? 年末年始もお書きになるんですか。

村上:2020年の年末は、たまたま京都で年を越すことになってたんです。そうしたらプロデューサーから特別番組枠があるということで、京都からの生放送になりました。ワーカーホリックなので、つい仕事しちゃうんです。今も書いてます。生活リズムはあんまり変わらないから(笑)。

美雨:村上家のお正月ってどんな感じなんでしょう。お雑煮は?

村上:普通ですよね。レッド・ホット・チリ・ペッパーズとか聴いてますから(笑)。

美雨:普通じゃないですよ(笑)。

村上:お雑煮も食べます。でも、普通の勤め人じゃないから、盆も正月も関係ないかもしれないです。

美雨:なんかミステリアス……。京都でもレコードショップめぐりをしているという、リスナーからの目撃情報も入ってきておりますが……。

村上:うん、僕は世界中どこでも、中古レコード屋があれば必ず回ってます。お正月で今は開いていませんが、京都でもおんなじです。

美雨:リスナーからTwitterでも感想をいただいています。「モンパルナスのキキ」さんから。おうち時間を充実させるために、意を決してペルシャ絨毯を買ったそうです。

村上:素晴らしい。僕は絨毯が大好きなんですよ。絨毯だけはうるさいんです。旅行に行って、よく買って来るわけです。重いんだけど、担いで持って帰ったりね。トルコでもメキシコでも買いました。くるくるっと巻いて、バックパックの後ろに括りつけたり。実はソファも好きなんだけど、買って帰るわけにはいきませんよね。

美雨:そういえば、春樹さんは今年大きな買い物はしましたか?

村上:コロナの状況でほとんど外に行かないから、買い物はしていないですね。



◆Brian Wilson「Rhapsody in Blue」
美雨:さて、春樹さんが「2020年最後の1曲」に選んだのは?

村上:さあ、何を選んだっけなあ(笑)。ブライアン・ウィルソンがジョージ・ガーシュインの「ラプソディー・イン・ブルー」を歌います。ブルーな世界のなかに一条の明るい光が差し込む……みたいな雰囲気を持つ素敵なメロディーです。さあ、新しい光のなかに一歩を踏み出しましょう。

美雨:鐘の音が響いてきましたね。みなさん、どんな風にお過ごしでしょうか。除夜の鐘の音が聴こえてきました。
こちらは、京都東山区にある「青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)」の鐘の音です。2021年まで残り2分を切りました。「青蓮院門跡」ですが、門跡というのは皇族や公家が住職を務める特定な寺院で、ひっそりとしたたたずまいで、とても庭園の美しいお寺です。春樹さん、どんなお気持ちですか。

村上:本当にあっという間に、ばたばたと過ぎ去った1年でしたね。

美雨:生放送なのでどきどきしているんですけど、鐘の音を聴いていると、すうっと心が静まるような、いい音です。

村上:東京にいるのとは、京都に来るだけで、ずいぶん空気が違いますよね。

美雨:こうして春樹さんと京都でお話をしながら年越しを迎えるとは思いも寄りませんでした。

村上:京都で放送するなんてね。

美雨:そして仲間も加わっていますね。猫山さんも、羊谷さんも。

村上:目の前にふたり揃っています。

美雨:うーん、深呼吸。残り10秒です。新年に向けたカウントダウン、みなさん一緒に、新しい年を迎えましょう!

美雨:残り10秒です。10、9、8、7、6……

村上・美雨:5、4、3、2、1 !

♪にゃ〜、めぇ〜、もぅ〜♪

時報――♪ 青蓮院門跡の除夜の鐘♪

春樹:おめでとうございます。

美雨:新年明けましておめでとうございます。2021年、来ましたね。

春樹:明けて良かった。明けなかったらどうしようかと思いました(笑)。

♪みゃ〜、めぇ〜、もぅ〜♪

美雨:みなさんの所に、毎日毎日、小さい幸せが訪れたらいいなあと祈っています。

村上:「コロナ、来るな」とみんなで言っていたら、本当にどこかに行っちゃった――というような楽しい日が来るといいんだけど。あまり建設的な意見じゃないですけど、あくまで夢頼みで。

美雨:いつの間にかいなくなっていた、とか。みなさん、新年をどのようにお過ごしでしょうね。

◆Jeff Beck「The World Is Waiting for the Sunrise」
村上:新年の第1曲目は明るくいきましょう。「世界は日の出を待っている」、“The World Is Waiting for the Sunrise”。これはレス・ポールとメリー・フォードのコンビが1950年代にヒットさせた古い曲なんですが、美雨さん知ってますか? これは古い曲なんだけど、ジェフ・ベックのグループがぱりっと現代に再現させます。そう、世界は新しい夜明けを待っています。新しい1年が明るく開けたものであることを祈りましょう。

*   *   *

▼2月14日(日)開催! 村上春樹さんのイベント「MURAKAMI JAM」オンライン配信チケット好評発売中▼

2021年2月14日(日)に開催される、作家・村上春樹さんが中心となってお届けするイベント「村上春樹 produce MURAKAMI JAM 〜いけないボサノヴァ Blame it on the Bossa Nova〜supported by Salesforce」特設サイトが公開されました。TOKYO FMのパーソナリティ陣による特別コメントや、大西順子さん×小野リサさん×坂本美雨さんのスペシャル対談など、今しか見られないコンテンツが盛りだくさんです。


「MURAKAMI JAM〜いけないボサノヴァ Blame it on the Bossa Nova〜 supported by Salesforce」オンライン配信チケットは現在発売中。配信時間は2021年2月14日(日)19:00から。



■前売り券:3,500円(税別)(※2月13日(土)23:59まで販売)
■当日券:4,000円(税別)(※2月14日(日)0時以降<日本時間>)

英語字幕付きオンライン配信チケットは、
■前売り券:4,000円(税別)(※2月16日(火)23:59まで販売)
■当日券:4,500円(税別)(※2月17日(水)0時以降<日本時間>)

配信時間は2021年2月14日(日)19:00から予定(※変更可能性あり)。
配信後1週間アーカイブ視聴が可能です。

チケット販売については、こちらの公式ページもご覧ください。

<ライブ概要>
公演名:「MURAKAMI JAM〜いけないボサノヴァ Blame it on the Bossa Nova〜 supported by Salesforce」
配信日時:2月14日(日)19:00〜
司会:村上春樹、坂本美雨
ゲスト:大西順子(音楽監督)、小野リサ、村治佳織 ほか
スペシャルゲスト:山下洋輔
主催:TOKYO FM
特別協力:Salesforce
制作協力:DNP大日本印刷
公式サイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/jam/