スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回はコロナ禍で焦りと不安に悩む大学院生リスナーに“ことば”を届けました。


◆コロナ禍で授業がオンラインに、そして課題が膨大に…
「私は、今年の春から大学院生になりました。国際政治を専攻しており、将来は研究者か実務の面で社会貢献したいと考えています。しかし、昨今の新型コロナウイルスの影響で、大学は基本的に入校規制、授業はオンラインになっています。また、講義の遅れを取り戻すため、課題が膨大に増えており、私の処理能力を超えています。

“このままでは間に合わない、潰れてしまう。こんな私が大学院にいていいのだろうか”と、焦りと不安が募ります。指導教授に相談したところ“君は真面目すぎる。少し手を抜きなさい”と言われました。手を抜いても私の能力を超えていると思います。江原さん、どうか私にアドバイスをください。よろしくお願いいたします」

◆江原からの“ことば”
「まず、あなたが直さなければいけないのは、頑固をやめること。素直になることです。指導教授もそう言っているのですからね。“手を抜きなさい”なんて言ってもらえることなんて、なかなかない。教授も課題をすべてちゃんと読んでいないかもしれない。教授だってこのコロナのなか、どうしていいのかわからないと思う。今は誰しもが暗中模索。だから一切焦る必要はない。安心してあなたのペースでやってみたらいいのです。今は世界の誰もがパイオニア。草分けなのです」

◆江原啓之 今宵の格言
「自分に正直に生きていますか?」
「人生の主人公は自分です」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/