ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする月間星占い「双子座(ふたご座)」2024年2月19日(月)〜2024年3月19日(火)。オンライン占いやWebサイトをメインに占い記事の執筆からコンテンツ監修、占い講師など多岐にわたって活躍中の“マリュたん”の愛称で親しまれているマリユドゥ(真龍人)が贈る、ひと月を快適に過ごすための神々からのマンスリーメッセージ。今月のクラシックの名曲とともにお楽しみくださいね。

(監修:東京・池袋占い館セレーネ所属の占い師・真龍人(マリユドゥ)さん)

▶▶「虹蝶の占い茶寮」【#47】「健康運」をアップさせる方法は? テレビで話題の占い師・虹蝶が解説!



【魚座シーズンに贈る神々からのメッセージ〜バレエ音楽「ダフニスとクロエ」〜】

今月は19日に太陽が黄道十二宮、第12番目の星座“魚座(女性宮、柔軟宮、水の星座、象徴神・アフロディーテとエロス、守護星・海王星/木星)”に歩みを進めます。

今年の桜の開花は例年よりも早いようで、春がもうすぐ目の前にやってきているのを感じますよね。魚座はインスピレーションや創造性の星座と言われ、自己犠牲の精神や奉仕の精神を示す星。ロマンチストな人が多いのも、この星座の特徴です。太陽が魚座を運行しているこの時期は、新年度に向けてスタートする牡羊座シーズン前に整理整頓などをするのもオススメですよ。

また3月10日(日)には魚座の新月が起こります。守護星であるパワフルな海王星のすぐそばで起こるので、生まれたてのお月様に輝きを添えてくれることでしょう。さて魚座の神話のモデルとなっているのは、ギリシャ神話に登場する女神アフロディーテと、その息子エロス。山羊座の神話同様に、怪物テュポンから逃げる際に、2人は魚に姿を変えて逃げたと言われています。

星座図では2匹の魚がリボンで結ばれた姿で描かれていますが、これは親子が逃げる際に離れ離れにならないように、もともと髪に巻いていたリボンを互いの体に結んだからだと言われています。親子の深い愛も感じる一幕ですね。

魚座生まれは芸術性が高いとされており、名を残した作曲家や画家は大勢います。一例をあげると、ヘンデルやヴィヴァルディ、そしてショパンと言った大作曲家達。

そのなかでも私が一番好きな作曲家がいます。ジョゼフ=モーリス・ラヴェル(1875年3月7日生まれ)。印象派音楽とも呼ばれるラヴェルは、「スペイン狂詩曲」やバレエ音楽「ボレロ」などの名曲を生み出しました。

その中でも、私自身中学時代に吹奏楽部で演奏した思い出の曲があります。

ラヴェルのバレエ音楽 「ダフニスとクロエ」。

第2組曲の冒頭「夜明け」では水が流れるような旋律があり、魚座の親子が散歩した川辺が生き生きと蘇ってくるかのようです。このバレエの筋書きには山羊座の象徴でもある牧神パンも登場しています。非常に美しい旋律ですので、開運ミュージックや癒しの音楽として聴いてみてくださいね♪

◆双子座(ふたご座:5月21日〜6月21日)

仕事運が好調な1ヵ月がスタートします。コミュニケーションの星・水星もあなたの仕事を応援してくれるので、年度末の仕事は順調に進みそうです。新年度に向けて新しい部署や職務内容など希望を出してみるのも◎ 恋愛運は絶好調♡ 高嶺の花にも手が届きそうです!

★開運アクション★
時計を身に付ける
★ラッキーフード★
味噌汁
★ラッキーカラー★
ブラック

■監修者プロフィール:真龍人(マリユドゥ)
西洋占星術・心理占星術研究家。愛称は”マリュたん”。20代より占星術を学び、社会人経験を経て2017年より対面鑑定、チャット鑑定、メール鑑定を開始。LINE占いコンテンツ「石垣島の宿命師 マリユドゥ」の監修も手掛ける。2019年に拠点を石垣島へと移し、西洋占星術とタロットを組み合わせ、お客様の明るい未来を創るサポートに日々励んでいる。対面・オンライン鑑定、占いライター、占い講師として活動中。石垣市観光交流協会認定・石垣島・美ら星マイスター。
個人サイト:https://lit.link/maryutan33
Webサイト:https://selene-uranai.com/