本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。7月28日(水)の「社会人意識調査」のテーマは「土用の丑の日、うなぎ食べますか?」。はたして、その結果は……?


代理で番組パーソナリティを務めた岸洋佑(左)と秘書・浜崎美保(右)


Q.土用の丑の日、うなぎ食べますか?

はい  38.6%
いいえ 61.4%
(回答数:939票)

◆「はい」に関する意見
「昨年から、土用の丑の日に鰻を両親にご馳走するのが恒例となっていて、今年も有給休暇を取って食べに行きました!」(茨城県 40歳 男性 会社員)

「会社の食堂で鰻を食べました! 国産で1,000円だったのですが、美味しかったので帰りも食べたいです(笑)。美味しいものの誘惑がありすぎて、ダイエットが始められません!」(東京都 34歳 女性 派遣)

「母がうなぎの卸売り業を経営していて、今週は年に1度の繁忙期です。普段は午前3時に出勤ですが、この期間は午前1時に出勤して一生懸命に働いています。そんな母のために、うなぎを食べます。みなさんには、母、そして、うなぎに関わるすべての人を応援する気持ちで食べてもらいたいです」(千葉県 23歳 女性 会社員)

◆「いいえ」に関する意見
「厳密にいうと、食べたいけど食べられません。国産うなぎは、ちょっと高くて手が出ないです。ちなみに私の家では、妻が『今日はさんまの蒲焼だよ』と言ってました」(神奈川県 39歳 男性 会社員)

「5年前、のどにうなぎの骨をつまらせてから食べるのが怖くなってしまいました……」(東京都 42歳 女性 会社員)

「今日は1日中、自家製のうなぎを蒸して焼いて売ります! 毎年完売するので、焼いている私の口には入りません」(東京都 52歳 女性 会社役員)

番組リスナーの投票による結果は「はい」38.6%、「いいえ」61.4%となりました。夏にうなぎが売れなかったことから、平賀源内からアイデアを得たうなぎ屋が「本日、土用丑の日」と看板を出したら繁盛した、というのが土用の丑の日の由来とされていますが、実は諸説がいろいろとあるようです。

【「はい」が最も高かったのは50代】
男女別で見てみると、「はい」と答えた人の割合が「男性」39.6%、「女性」37.3%となりました。また、世代別で「はい」と答えた人の割合を見てみると、「20代」30.1%、「30代」35.9%、「40代」40.5%、「50代」42.3%となっています。

◆アンケートの詳しい結果はサイトからご覧いただけますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

◆7月29日(木)の「Skyrocket Company」アンケートテーマは「サーフィンやったことありますか?」です。投票はサイトから受け付けていますので、ぜひご参加ください。結果は番組内で発表しますのでお聴き逃しなく!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年8月5日(木)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜〜木曜 17:00〜19:48
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/sky/