TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。4月26日(月)のお客様は、木村祐一さんととドランクドラゴン・塚地武雅さん。お笑い芸人でもあり役者でもある2人が語る、今後とは?
▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)塚地武雅さん、木村祐一さん



◆YouTubeをやってみたけど…

木村:今は吉本(興業)を離れる人が出てきたような時代ですけど、何で稼げるか、もうわからん。YouTubeのシステムも、(YouTuber・カジサックとして活躍中のキングコングの)梶原に聞いたけどいまいち……登録者数も増えるとは思われへんし、考えるのもしんどい。

塚地:ハハハ(笑)。

木村:何もせえへんのがええ、みたいなことも言ったりするやん。“食べてみた”とか”行ってみた”とかさ。

塚地:「自然なほうがいい」って言う人もいますし。僕も2年くらいやってみたんですけど、わからないまま終わりましたね。そういう意味じゃ木村さんはマルチじゃないですか。お会いしたら聞きたいなと思っていたのが、お芝居をやらはる最初のきっかけというか、気持ちってどうやったんですか?

木村:嫌でしたよ。(収録は)長いし緊張するし、知らん人ばっかりやし。“ぼやき”もいまいちできへんし(笑)。やけど、だんだんと(やっていくうちに)おもろなってきて、もう随分前から大好きになったよね。現場が好きかな。出番がないときに(ほかの演者の芝居を)見ていても飽きひんし、ずっと(現場に)おるなぁ。

塚地:へぇ〜。最初は、どういった感じでお話がきたのですか?

木村:一番最初は、Vシネマの(間)寛平兄さんの映画「ファンキー・モンキー・ティーチャー FOREVER ワクワク秘密の花園の巻」で、青年実業家のフリをしているけど実はヤクザという役で。今は、(マネージャーに)ドラマや映画のために「(スケジュールを)空けぎみにしておいてくれ」って頼んでる。

塚地:そうなんですね。

木村:何もないときは何もないけどね。

塚地:それをよく考えるんですよ。この先のことって、どうなるかわからないじゃないですか。僕も今、(お笑いと役者の)両方をやらせてもらっていて、もちろん両方とも楽しいんですけど。

木村:この先ね……やっぱりみんな思うねんな。

塚地:なので、諸先輩方のお話を聞きたいなって思ってしまいますね。

木村:変な言い方やけど、(芸能界は)すがっていくような世界やんか。仕事にもそうやし、仲間や先輩のひと言にいつまでもしがみついて生きていける、みたいなね。俺の場合、特にダウンタウンさんに“あのな言葉を言ってもらったな”っていうのがあるからな。それから家族もできて、周りのことをあまり気にならへんようになって、“この子らだけがおったらええ”と思えるようになったね。50歳になったらまた変わってくるな。

塚地:今、そう考えるところにきていますね。言ったら、お笑いなのにお芝居もやっていることが、ええのか悪いのか……ようわからんくなって。

木村:そんな“おまえは何者やねん”みたいなことは、めっちゃあるよ。ナイナイの番組で俺のネタが終わったときにアッコさん(和田アキ子さん)が矢部に「木村祐一っていうの、あれは何の人なん?」って聞いていて、それに対して矢部が「キム兄やんは、“キム兄やん”なんですよ」って言ってんのをセット裏で聞いて、妙にうれしかった。

塚地:いやぁ、いいですね!“本人は本人”というか。

木村:うん。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……
5月31日(月)高橋みなみさん×峯岸みなみさん
6月1日(火)平原綾香さん×クリス・ハートさん
6月2日(水)サンシャイン池崎さん×ダイアン・津田篤宏さん
6月3日(木)近田春夫さん×VERBALさん
がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶お笑い芸人にも“ファッションの周期”がある? この続きは「AuDee(オーディー)」でチェック!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→ https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/speakeasy/