アニソンの枠を超えて活躍する実力派ロックユニット“GRANRODEO”のボーカル・KISHOW(谷山紀章)とギタリスト・e-ZUKA(飯塚昌明)がパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて」。6月8日(火)の放送は、オンエア日翌日、6月9日が“ロックの日”であることにちなんで、KISHOWとe-ZUKAが“神ロック曲”をセレクトしました。


(左から)KISHOW、e-ZUKA



【KISHOWが選ぶ“神ロック曲”:「Same Ol'」(ザ・ヘヴィー)】

KISHOW:たぶん、みなさんも記憶に新しいのではないかと思うんですけど、テレビですごく流れていた、小栗旬さんが桃太郎に扮して鬼ヶ島で鬼と戦う「ペプシストロング」のCM! それがものすごく好きで“カッコいい〜!”って(笑)。そのときにCMソングとして流れていた曲です。曲を調べて“こういうバンドがやっているんだ!”というのにも衝撃を受けて、大人になってから“ロック心をくすぐられちゃったなぁ”って感じたので、この曲を選びました。

――ここで「Same Ol'」(ザ・ヘヴィー)をオンエア。

KISHOW:この曲を聴いたら、映像を思い出す人が多いかもしれないですね。メタリックな音を出しているわけじゃないのに、なんでこのテンポでロックを感じるんだろう。日本のバンドでは、こういうことができないよね。あと、ボーカルが黒人の方だからソウルフルだし。

e-ZUKA:これを聴いたときに(「21st Century Schizoid Man」のリフを弾きながら)キング・クリムゾンかと思った。リフが似ているよね?

KISHOW:うん、いわゆるプログレ的な感じもあるのかな。すごいハイブリッドな感じもするんだけど、僕の耳にはかっこよく聴こえてしまったんですね。

e-ZUKA:かっこいいですよ。僕も(「21st Century Schizoid Man」に)ちょっと影響されて、(GRANRODEOの)「ラクガキMOON」という曲を……。

KISHOW:「ラクガキMOON」を聴いたとき、“きた!”と思ったよ。

e-ZUKA:そう、ちょっとオマージュしました。オマージュというか……意識はしましたよ、質感とかね。かっこいいですよね。

KISHOW:子どもの頃、ボン・ジョヴィとかを聴いて“洋楽って、すげーかっこいい! 気持ちいい!”みたいなのが多分あったんですよね。大人になってからも、そう思う曲はいくつかあったけど、CM込みで“うわぁかっこいい〜!”と思ったのでチョイスしました。

e-ZUKA:ザ・ヘヴィーも若いバンドなんでしょうけど、若い人がオールドロックをリバイバルさせているのって、逆にオシャレに感じるのがいっぱいありますからね。

【e-ZUKAが選ぶ“神ロック曲”:「Rock and Roll Love Letter」(ベイ・シティ・ローラーズ)】

e-ZUKA:古いのになっちゃうんですけど、“神ロック曲”といったら……例えば、キッスの「Rock and Roll All Nite」、ジョーン・ジェットの「I Love Rock 'n' Roll」っていうのもあるんですけど、僕が一番最初に買ったアルバムはベイ・シティ・ローラーズなんですね。

KISHOW:時代を感じますな。

e-ZUKA:「Saturday Night」も有名ですけど。

KISHOW:めっちゃ流行りましたよね。

e-ZUKA:そうなんですけど、僕が一番好きだったのは、やっぱり“(曲名に)ロック”がつく「Rock and Roll Love Letter」。(当時)小学生で歌詞(の意味)もわからないのに、ちょっとキュンキュンきた(笑)。しかも、今年4月にボーカルのレスリー・マッコーエンさんが亡くなっちゃったんですよ。そういうトリビュート的な意味も込めて、聴いていただこうと思います。

――ここで「Rock and Roll Love Letter」(ベイ・シティ・ローラーズ)をオンエア。

KISHOW:明るい! ポップ!

e-ZUKA:いやぁ若いな〜、みんな。タータンチェック、タータンハリケーンですよ。知ってます?

KISHOW:いや、わかんない。

e-ZUKA:当時は、みんな(ベイ・シティ・ローラーズと同じ)タータンチェックを着ていたんだから。

KISHOW:ちょっと上の親戚の人とかが、ベイ・シティ・ローラーズって言ってたな。

e-ZUKA:聴いたほうがいいよ! 曲としても、すごく良くできているんですよ。この曲はカバーなんですけど、自分たちで作っている曲にもすごくいいのがいっぱいあるんです。小学生の頃に観ていた番組で……これは“テレビあるある”なんだけど、そのときは(演奏が)当て振りだったんですよ。

KISHOW:あー、はいはい。

e-ZUKA:だから、“ベイ・シティ・ローラーズは演奏してないからダメだ。キッスは演奏しているから偉い!”みたいなのが、僕ら小学生のあいだにはあったんです。でも、武道館公演ではちゃんと演奏していました! すごくいいです、ちゃんとしたグループです(笑)。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年6月16日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ((無料))が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて
パーソナリティ:GRANRODEO(KISHOW、e-ZUKA)
放送日時:毎週火曜21:00〜21:30
番組Webサイト:http://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/gr/mada2/top