アニソンの枠を超えて活躍する実力派ロックユニット“GRANRODEO”のボーカル・KISHOW(谷山紀章)とギタリスト・e-ZUKA(飯塚昌明)がパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて」。3月23日(火)の放送は、4月3日(土)に全編無料の無観客配信ワンマンライブを控えた、声優の田所あずささんをゲストに迎え、共演エピソードを語りました。


(左から)KISHOW、田所あずささん、e-ZUKA



ゲストの“ころあず”こと田所さんは「第36回ホリプロタレントスカウトキャラバン〜次世代声優アーティストオーディション〜」でグランプリを受賞し、「アイカツ!」「BanG Dream!」「転生したらスライムだった件」などの人気作の声優として活躍。そして、2014年にGRANRODEOと同じランティスレーベルよりアーティストデビューを果たし、音楽活動にも精力的に取り組んでいます。そんな田所さんがパーソナリティを務めるラジオ番組に、GRANRODEOが過去にゲスト出演したときに意外な交流も生まれたそうです。

e-ZUKA:『(田所さんのライブでサポートしてくれている)バンドの名前を付けてください』ということで、僕がバンド名をつけさせていただきましたけども。

田所:“あずさ2号”っていう、今でもその名前です(笑)。

e-ZUKA:電車の名前ですよ(笑)?

2018年には、TVアニメ「バキ」でGRANRODEOがオープニングを、田所さんはエンディングを担当。作品内でも共演が実現していました。

KISHOW:「バキ」なんて、男しか観ないような作品だからね。あれを女子で観ている人は世界で1人もいませんから(笑)。

田所:そんなことないです(笑)!

KISHOW:そのタイアップだというので、“田所あずさ、さすがだな!”と思ったんですよ。

田所:最初にお声掛けをいただいたとき、“あの「バキ」ですか!?”ってなりました(笑)。それで、オープニングがGRANRODEOさんと聞いたときは“そうですよね!”って(笑)。

そして今年1月には、アニメミュージックの祭典「ANIMAX MUSIX 2021 ONLINE supported by U-NEXT」にて、この2組で「Preserved Roses」(T.M.Revolution×水樹奈々)を歌ったことも話題になりました。

KISHOW:初のステージ上でのコラボということで“田所さん、気を使って緊張してるんだろうな”って思ったから、ちょっとでも優しいお兄さんふうでいようと務めた次第でしたけども……どうでした?

田所:めちゃくちゃ優しかったです(笑)。

e-ZUKA:もう、そう言うしかないじゃない(笑)。

田所:でも「よろしくね!」って言ってくださったりして、お2人とも温かくて。ただ、(共演したときの)コーナー名が「GRANRODEO VS SELECTION」という名前だったから、めちゃめちゃ怖くて(笑)。

KISHOW:そうなんだよね。“なに煽ろうとしてるんだよ!”みたいなさ(笑)。

田所:しかも、リハーサルが実はご一緒できなくて、本番で初めて(音を)合わせたので……だからこそ、優しく迎え入れてくださって救われました!

そこからトークは、田所さんが初めてセルフプロデュースに挑戦した全曲新曲の最新アルバム「Waver」の話題に。KISHOWが気になったのは、ロックバンド・忘れらんねえよの柴田隆浩さんが作詞・作曲し、田所さんの素顔をパンキッシュな歌詞にのせて歌った「ころあるこ。」という楽曲です。

KISHOW:この曲で、ころあずのパーソナルな部分というかね。“良い子”みたいなパブリックイメージは“(生まれ育った)水戸に捨ててきたわよ!!”と。

田所・e-ZUKA:あははは(爆笑)!

KISHOW:“そんなんでいつまでもやってねぇんだ、コノヤロー!”ってね(笑)。

田所:歌詞のなかに“ころあず”って入ってますからね(笑)。なかなかない。

KISHOW:セルフプロデュースをするなかで「私のそういうところを出していきたいので、よろしく!」みたいなことが、やっぱりあった?

田所:“ころあず”と入れてくれと言ったわけではないですけど(笑)、柴田さんと直接話したことを、柴田さんの言葉で表現してくださった感じです。最初に歌詞を見たときは笑っちゃいましたね、あまりにも直接的で(笑)。

さらにGRANRODEOが注目したのは「いつか暮れた街の空に」。田所さんが作曲した楽曲です。

KISHOW:いいよね。僕の感覚だと(アルバムで)1曲携わるといったら、作曲よりも作詞のイメージなんだけど。作曲もイケるところが悔しいですね!

田所:えー、なんでですか(笑)!?

KISHOW:「作曲できるのかよ。ずるいよ、欲張るな〜!」みたいなね(笑)。

田所:たしかに、いろいろと挑戦したくなっちゃう。

KISHOW:ちなみに、2014年から今まで音楽活動をやってきて、作詞・作曲という携わり方はあったんですか?

田所:今まではずっと作詞でした。1度、共作で作曲したことはあったんですけど、1曲がっつりはなかったです。(サウンドプロデューサーの)神田ジョンさんにコードをつけていただいたりして、すごく助けていただいたんですけど、メロディーを全部自分で考えたのは初めてですね。

KISHOW:一本立ちですな!

田所:はい!

KISHOW:e-ZUKAさんはどうですか?

e-ZUKA:とても素直でいい曲だと思いました。サビの“♪チャーラーラーラー”と(上昇する)メロディーラインが好きなんですよね。

田所:あ、嬉しい!

KISHOW:これは使いよるな、GRANRODEOで(笑)。

田所:どうぞ(笑)! 嬉しいです。

e-ZUKA:というか、全曲いいよね! すべてシングルになりそうな曲で恐ろしいですよ。

KISHOW:俺らもジョンくんにプロデュースしてもらうか(笑)!

e-ZUKA:ほんとだよ〜(笑)。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年3月31日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ((無料))が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて
パーソナリティ:GRANRODEO(KISHOW、e-ZUKA)
放送日時:毎週火曜21:00〜21:30
番組Webサイト:http://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/gr/mada2/top