住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。“頑張るプロフェッショナルの女性の素顔に迫る”をテーマに、各界で活躍されている素敵な女性をゲストに迎えて話を伺うコーナー「Blue Ocean Professional supported by あきゅらいず」。

1月10日(月・祝)のゲストは、歌手・小野リサさん。今回の放送では、音楽的な転機を与えてくれた伝説的アーティストとの出会いについて語ってくれました。


小野リサさん


ブラジル生まれの日本人ボサノバヴァ歌手として活動する小野リサさん。日本とブラジルの音楽に囲まれた幼少期を過ごし、1989年に歌手デビューを果たしました。以降、ブラジル音楽への献身と日本でのボサノヴァ普及に尽力しています。


小野リサさん、住吉美紀


◆音楽性に大きな影響を与えた伝説的アーティストとの出会い

――この日、小野さんは番組内でジャズのスタンダードナンバー「You'd Be So Nice To Come Home To」を弾き語りで披露。

住吉:指の動きをまじまじと見てしまいました! 指の動きもアーティスティックなんですね。コードを細かく変えていくところを見ているだけでも飽きません。素敵な生演奏でした。「You'd Be So Nice To Come Home To」は、小野リサさんにとって大きな音楽的体験とつながっている曲なんですよね?

小野:すごく前の話なんですけど、ライブハウスで歌っていたら(アメリカのジャズミュージシャン)チェット・ベイカーさんが突然現れて。私のステージを2曲ぐらい聴いてくださったあと、2時間ぐらい演奏してくださったんですよ。他のメンバーさんも一緒に。

住吉:ええ!? それっていつぐらいの話ですか?

小野:たぶん、最後に来日されたときだったので1987年?

住吉:チェット・ベイカーさんは、その生き様が何度も映画化されている伝説的アーティストです。トランペット奏者でボーカリスト、ジャズミュージシャンとして活躍されました。1987年の来日コンサートが終わってから、会場の近くにあった小野リサさんのライブにいらして、2曲聴いたあとに2時間ほど演奏されたと。すごい(笑)! 登場する予定はなかったんですよね?

小野:実は(チェット・ベイカーを)トランペット奏者の方が連れてきてくださったんです。「もしかしたらその方と一緒に(チェット・ベイカーも)いらっしゃるかもしれない」って話は聞いていたのですが、本当にいらっしゃるとは思わなかったのでびっくりしました(笑)。

住吉:会場のお客さんもびっくりされたのでは?

小野:そのときは、ライブハウスに3人ほどしかお客さんが入っていなくて、ほとんど貸し切り状態って感じでした(笑)。バンドのメンバー様や奥様も来てくださって、演奏してくださいました。1、2曲ぐらいかなと思っていたら歌まで披露していただいて。もしかしたら、コンサートと同じ分だけ演奏してくださったのかもしれないです。

住吉:チェット・ベイカーさんは、小野さんの歌声を聴いて「もっと演奏がしたい」って気持ちになられたんですかね?

小野:いやぁ、それはわからないです(笑)。目の前で、吐息も聞こえるような近さで観ることができて感動しました。そのときの思い出は今でも忘れられないです。

住吉:2時間歌ってくださった曲のなかに、「You'd Be So Nice To Come Home To」があったということですね。

小野:そうですね。他にもいろんな曲を演奏してくださいました。

住吉:以前から、チェット・ベイカーさんに対する思いというものはお持ちだったのでしょうか?

小野:『チェット・ベイカー・シングス』というアルバムが大好きでした。存在を知ったのは、友人の家に行ったときに「大好きなんだ」と言って曲を流してくれたときです。リビングルームで『チェット・ベイカー・シングス』をずっと聴いて、そのあとにレコードを買いました。そのレコードを何回も聴くぐらい大好きでしたね。

住吉:じゃあ、チェット・ベイカーさんがいらしたときは……。

小野:もう、心臓が止まっちゃうぐらい嬉しかったです。

住吉:直接お話をされたりはしましたか?

小野:「お越しいただき光栄です」とお伝えしました。そして、演奏が終わったときにどうしてポルトガル語で歌えるのかを聞かれたので、「実はブラジルで生まれて」「そうなんだ」みたいなことを二言三言、話しました。

住吉:どんな印象の方でしたか?

小野:すごく柔らかい感じの方でした。

住吉:小野さんの歌手デビューは1989年にリリースした(ファーストアルバム)『カトピリ』ですよね。(チェット・ベイカーさんとの共演は)まだメジャーデビューされていないときだったんですね。

小野:はい。

住吉:そのときの一夜が、小野さんご自身の転機になったのでしょうか? ご自分のキャリアに影響はありました?

小野:そうですね。当時はオリジナルの曲を作ったり、ブラジルの音楽に没頭していたのですが、ジャズというジャンルに対して興味が深まりました。それから、いろんな方のジャズを聴くようになりましたね。

住吉:そうなんですね! 小野リサさんは、幅広い音楽を吸収して、ご自身の解釈でいろんな音楽を生み出している印象があります。そのスタイルの原点のような感じですね。

小野リサさん、デビュー前の貴重なカット



◆2月に東京・渋谷でコンサート開催!
住吉:小野さんは2月13日(日)に、東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールで「三井ホームpresents 小野リサ コンサート 2022 〜Music Journey〜」を開催されるそうです。このコンサートにはどんな思いが込められていますか?

小野:いろんなジャズの曲にも挑戦しながら楽しいライブにしたいと思います。ピアノ、ベース、ドラム、サックス、トランペット、トロンボーン、チェロの編成です。

住吉:へええ!

小野:楽しく温かい音楽をお送りしたいです。

住吉:やはりコロナ禍で演奏できない時期はありましたか?

小野:ありましたね。だけど、私はラッキーなことに何度か演奏する機会をいただけました。演奏の数は減りましたけども、一つひとつが丁寧にできますね。

住吉:「三井ホームpresents 小野リサ コンサート 2022 〜Music Journey〜」の詳細は小野リサさんの公式サイトをご確認ください。


ライブステージでの小野リサさん



----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月18日(火)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時:毎週月〜金曜9:00〜11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/bo/
特設サイト: https://www.tfm.co.jp/bo/aky/