お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

12月18日(土)放送のお客様は、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さん。ここでは、Netflixオリジナルシリーズ「クリエイターズ・ファイルGOLD」が配信中の秋山さんが、人生のなかで見つけた一番の「エウレカ(発見・気づき)」を語りました。


秋山竜次さん



1998年に山本博さん、馬場裕之さんとお笑いトリオ・ロバートを結成。「はねるのトびら」(フジテレビ系)、「ロンロバ!」(TBS系)などで注目を集め、2011年には「キングオブコント」(TBS系)で優勝を果たしました。自らのボディに“著名人の顔写真”を合わせていく「体モノマネ」や、秋山さんが“架空のクリエイター”に扮する人気企画「クリエイターズ・ファイル」など、ピンでもインパクトのあるネタを数多く生み出しています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」12月18日(土)放送ゲスト:ロバートの秋山竜次さん



◆仕事では“第六感”が働く?

川島:人生のなかで見つけた一番の「エウレカ(発見・気づき)」を教えてください。

秋山:この職業において、「これはヤバそうだな」って思う仕事は、ちゃんとヤバいって(気づく)ことですかね。

川島:めっちゃわかる! めっちゃあるあるやけど、なんでやろな?

秋山:「自分の力で何とかなるか」って思って引き受けるときもあるじゃないですか。でも、ほとんどの確率で「やっぱりヤバかったじゃん!」って結果になるんですよ。

川島:不思議な話なんやけど、ヤバいやつはメールを読んだ時点でアカンってわかるよね。

秋山:わかります。

川島:でも、お仕事をいただいて断る理由もないんよね。

秋山:そうなんですよ(笑)。

川島:だけど、第六感がヤバいって知らせてくれるよね。

秋山:そうそう! あれって嗅覚なんすかね? 長年養ってきたものなのかなあ。

川島:ここ2、3年でわかるようになってきたなあ。逆のパターンもあんねん。マネージャーから「これは厳しいかもしれませんけど……」って言われたやつが光って見える。心持ちが違うから、楽しくやれるしウケるんですよね。

秋山:わかります。

川島:聞いたときに「ヤバい」と思ったものは、心が負けているんですよね。頑張ればいい話と思われるでしょうけども、こればっかりはねえ。

秋山:無理なものは無理なんだよなあ。

川島:非常にリアルなエウレカでしたね(笑)。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も配信中です。

次回1月1日(土・祝)のお客様は、お笑い芸人・ハリウッドザコシショウさんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/