6月19日にいよいよ2020年のプロ野球が開幕する。そこで、今季達成が予想される金字塔を改めて確認しておこう。例年より20試合以上も少ない中、果たしてどれだけの記録が達成されるだろうか?

<記号の見方>
◎=確実、○:有力、▲=微妙 △=望み薄
( )内はその記録における昨年の実績

▼150勝
△涌井秀章(楽天):残り17勝(3)
△内海哲也(西武):残り17勝(0)

 ともに通算133勝の2人だが、過去5年で17勝を挙げたのはプロ野球全体でも2017年の菅野智之(巨人)のみと、短縮シーズンでなくとも大変厳しい数字。今季中の達成はほぼ不可能と言っていい。ちなみに名球会ラインの通算200勝に最も迫っているのは石川雅規(ヤクルト)で、通算171勝だ。

▼通算100勝
△吉見一起(中日):残り11勝(1)
〇菅野智之(巨人):残り13勝(11)
▲西勇輝(阪神):残り16勝(10)
△則本昴大(楽天):残り20勝(5)

 17〜18年に2年連続15勝以上の菅野は、復調すれば十分に達成可能だが、西と則本は来季に持ち越しか。最多勝2度の実績を誇る吉見はここ3年で計9勝。35歳の年齢を考えるとかなり厳しいノルマだ。
 ▼250セーブ
◎藤川球児(阪神):残り9セーブ(16) ※日米通算なら残り7セーブ
△サファテ(ソフトバンク):残り16セーブ(0)

 昨季途中からクローザーの座に返り咲き、セーブ成功率100%の快投を見せた藤川は今季も同じ起用法なら達成濃厚。クローザーとしての名球会入りはこれまで3人しかいない快挙だ。サファテも一見楽勝に見えるが、ここ2年は怪我でほぼ棒に振り、また愛弟子の森唯斗の成長もあり、そもそも抑えで起用されるかも怪しい。

▼200セーブ
△増井浩俊(オリックス):残り37セーブ(18)
▲山崎康晃(DeNA):残り37セーブ(30)

 増井は昨年、不安定な投球が続き、クローザーの座をディクソンに奪われた。シーズン序盤に抑えに返り咲き、なおかつ好調を維持しないと達成は厳しそうだ。山崎はキャリアハイと同数の成績を残せば達成できるが、シーズン短縮の中ではやや厳しいか。
 ▼150セーブ
△松井裕樹(楽天):残り11セーブ(38)
△中崎翔太(広島):残り35セーブ(9)

 昨季はセーブ王に輝いた松井だが、今季は先発転向の予定。本人の状態やチーム事情によっては抑えに戻る可能性もあるため不可能とはいえないが、現時点で達成の確率は低いだろう。中崎も昨季、クローザーの座を剥奪された上に、16年の34セーブがキャリアハイ。たとえ抑えに復帰できても厳しい数字であることには変わりはない。

▼100セーブ
○益田直也(ロッテ):残り12セーブ(27)
△澤村拓一(巨人):残り26セーブ(1)
◎森唯斗(ソフトバンク):残り26セーブ(35)

 昨季セーブ数リーグ2位だった森の達成はほぼ確実。益田も昨季の数字だけ見れば楽勝に思えるが、一昨年は抑えを剥奪されてわずか3セーブだったため「有力」どまりとした。澤村はここ2年セットアッパーを務めており、達成の可能性は低い。なお、田島慎二(中日)も残り25セーブまで迫っていたが、トミー・ジョン手術を受けて今季は全休の見込み。
 ▼1500奪三振
〇内海哲也(西武):残り4三振(0)
◎能見篤史(阪神):残り23三振(41)

 昨年の内海は故障もあって一軍登板がなかったが、1試合でも登板できれば達成可能な数字だ。41歳になった能見は、昨年は51試合に登板とまだまだ元気いっぱい。怪我さえなければ確実に1500の大台に届くだろう。

▼1000奪三振
○千賀滉大(ソフトバンク):残り143三振(227)

 千賀の昨季の奪三振率は11.33で、同じペースなら今季は110イニング前後で1000奪三振に届く。昨季は1試合平均で7イニング投げていた千賀なら、15試合前後に先発すれば届く。右前腕の張りで調整が遅れているため、復帰時期によっては達成が難しくなる可能性もあるが、「有力」であることに変わりはないだろう。

文●筒居一孝(SLUGGER編集部)

【ソフトバンクPHOTO】目指すは4年連続日本一!2020年のスローガンは「S15(サァイコー!)」