ついに開幕を迎えたプロ野球。各地で激闘が繰り広げられた中、果たして各チームの“2020最初の得点”を挙げた選手は誰だったのだろうか。「さすが!」の選手もいれば、「え、この人!?」という多士済々の面々が連ねている。

【セ・リーグ】
・巨人:中島宏之/遊撃内野安打/4回裏
・DeNA:ロペス/左本塁打/2回裏
・阪神:西勇輝/左本塁打/3回表
・広島:大瀬良大地/中安打/5回表
・中日:ビシエド/右本塁打/1回表
・ヤクルト:山田哲人/左本塁打/1回裏

【パ・リーグ】
・西武:山川穂高/三塁内野安打/4回裏
・ソフトバンク:柳田悠岐/左犠飛/8回裏
・楽天:太田光/右犠飛/2回表
・ロッテ:中村奨吾:中安打/9回表
・日本ハム:―
・オリックス:T―岡田/中犠飛/3回裏
  12球団最初の得点を挙げたのは、2018年のセ・リーグ首位打者、中日の4番・ビシエドの一撃だった。練習試合でも好調をアピールしていた“竜の主砲”は初回、ヤクルト先発・石川雅規から完璧ならライト方向への先制2ラン。これはもちろん、12球団今季第1号アーチでもあった。そして対するヤクルトも、この裏に“日本最強セカンド”、2番・山田が完璧な2ランを放ってチーム最初の得点をマークした。

 この2球団は看板打者が貫禄のファーストランとなったが、阪神&広島はとにかく驚きだった。阪神では、西が好調に飛ばしていた巨人・菅野智之から4番打者顔向けの特大アーチを放った。左翼ポール直撃となったが、もしかしたら3階席に飛び込むほどの飛距離だったかもしれない。そして広島は、1死三塁から大瀬良が見事なセンター前ヒットを放って待望の同点打を記録している。そして9回には、何とチーム第1号アーチも放ち、9回1失点完投&2打点、1本塁打の大活躍だった。

 一方、パ・リーグでは3つの犠飛が最初の得点と“地味”な形だった。しかし、ソフトバンクとロッテの試合は0対0の息詰まる展開の中から8回裏、主砲・柳田悠岐が記録した貴重な勝ち越し犠牲フライとあって、その価値は計り知れない。とはいえ9回表、ロッテは中村が2死から意地のタイムリーを放って試合を振り出しに戻した。開幕戦で唯一得点を挙げられなかったのは日本ハムだった。

構成●SLUGGER編集部
 


阪神開幕第1号は
開幕投手 #西勇輝 の特大弾😱


自身を援護する先制ホームランはプロ第1号🌈⚾

⚾プロ野球・開幕戦(2020/6/19)
🆚巨人×阪神
📲#DAZN でライブ中#プロ野球開幕 #伝統の一戦 #阪神タイガース #阪神 #hanshin #tigers #タイガース pic.twitter.com/q6dchaqiCC

— DAZN Japan (@DAZN_JPN) June 19, 2020