プロレス界のスーパーレジェンド、アントニオ猪木氏が自身のツイッターを更新。筆でしたためた直筆の文書を画像として貼り付け、熱い想いを吐露した。

 文章は次の通りだ。

「西郷隆盛
命もいらぬ名もいらぬ、
官位も金もいらぬというような人物は
処理に困るものである。
このような手に負えない人物でなければ
困難を共にして国家の大業を成し遂げることはできない」

 これは明治維新において、かの西郷隆盛が発した言葉で、江戸無血開城などに尽力した徳川幕府の幕臣、山岡鉄舟を評したものだ。これを受けて猪木氏は、こう続けている。

「俺もそんな人間になりたい。
砂漠に残した足跡、風が吹いたらすべては消えるけど、
その想いは残るだろう」

 「砂漠に残した足跡」は猪木氏お気に入りのフレーズで、なんとも深いポエムに仕上がっている。波瀾万丈の人生を歩んできた77歳ならではの言霊だ。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】アントニオ猪木氏が投稿した直筆の“幕末名言”はこちら!

「西郷隆盛」
命もいらぬ名もいらぬ
官位も金もいらぬというような人物は処理に困るものである。

このような手に負えない人物でなければ困難を共にして国家の大業を成し遂げることはできない。

俺もそんな人間になりたい。

アントニオ猪木 pic.twitter.com/slTld5jkix

— アントニオ猪木 (@Inoki_Kanji) July 15, 2020