いよいよ現地時間7月23日、2020年のMLBが開幕する。これまで、メジャーリーグでプレーした日本人選手は総勢59人に上る。今回はそんな日本人メジャーリーガーの中から、“ベスト10”を選んでみた。

1位 イチロー(マリナーズほか)
2653試合 3089安打 打率.311 117本塁打 780打点 509盗塁 OPS.757

 トップはイチロー以外にはあり得ない。メジャー1年目の2001年にはいきなり首位打者を獲得する活躍で、史上2人目の新人王&MVPのダブル受賞。その年から史上最長の10年連続シーズン200安打を記録、04年にはシーズン262安打を放って84年ぶりにメジャー記録を更新した。16年にはアジア出身選手では史上初のメジャー通算3000安打も達成。資格1年目での殿堂入りはすでに約束されたも同然で、今後これだけの選手が果たして出てくるのか分からない。

2位 野茂英雄(元ドジャースほか)
323登板 123勝109敗 1976.1回 1918奪三振 防御率4.24

 歴史的意義を考えれば、その功績はイチローに勝るとも劣らない。64年の村上雅則以来、2人目の日本人メジャーリーガーとして95年にデビューすると、いきなりオールスターの先発マウンドに立つ活躍で新人王を受賞。その後もノーヒッターを2度記録し、日本人投手では唯一のメジャー通算100勝を挙げている。アメリカでの殿堂入り資格は1年目で早々に喪失したとはいえ、多くの日本人選手がメジャーに渡るきっかけを作った。
 3位 松井秀喜(元ヤンキースほか)
1236試合 1253安打 打率.282 175本塁打 760打点 13盗塁 OPS.822

 渡米前年の02年に50本塁打を放ったプロ野球でも史上有数のスラッガーが、MLBでは最高でも年間31本(04年)にとどまったことに、物足りなさを覚えたファンもいるかもしれない。だが、メジャーで年20本塁打以上を記録した日本人選手は松井秀と大谷だけで、松井秀はそれを5回も達成している。もちろん、通算175本塁打は日本人メジャーリーガー最多。09年には日本人初のワールドシリーズMVPを受賞してニューヨークの英雄となった。

4位 ダルビッシュ有(カブス)
170登板 63勝53敗 1051.0回 1299奪三振 防御率3.57

 勝利貢献度を示す総合指標WAR22.4(Baseball Reference版)はイチローに次いで日本人選手歴代2位で、野茂や松井秀をも上回る。レンジャーズでのメジャー1年目から16勝を挙げて新人王投票3位に入り、13年は初登板であと1人で完全試合の快投を見せ、リーグ最多の277奪三振でサイ・ヤング賞投票2位に入った。トミー・ジョン手術で15年は全休したが、昨季までの通算奪三振率11.12はメジャー歴代最高と活躍を続けている。
 5位 上原浩治(元レッドソックスほか)
436登板 22勝26敗95セーブ 480.2回 572奪三振 防御率2.66

 渡米1年目の09年は先発だったが、翌年にリリーフに転向してから活躍。とにかくランナーを出さない投球が光り、レッドソックスに移籍した13年にはメジャー歴代2位の37者連続アウトを達成。ポストシーズンに入ってからも快投を続け、リーグ優勝決定シリーズではMVPを受賞した。レッドソックスが世界一になった瞬間にもマウンドにいて、日本人初の胴上げ投手となった。

6位 大谷翔平(エンジェルス)
10登板 4勝2敗 51.2回 63奪三振 防御率3.31
210試合 203安打 打率.286 40本塁打 123打点 22盗塁 OPS.883

 メジャーでの実績はまだ2年だが、あのベーブ・ルース以来の“二刀流”をMLBで成功させただけでもランク入りの資格は十分だ。渡米1年目の18年にはデビュー2戦目から3試合連続ホームランを記録。投げても2登板目で7回一死まで無安打に抑える快投を見せ、アメリカのファンをあっと言わせた。昨年は日本人初のサイクルヒットを達成。トミー・ジョン手術を経て“二刀流”に復帰する今季はさらなる活躍が期待される。

7位 黒田博樹(元ドジャースほか)
212登板 79勝79敗 1319.0回 986奪三振 防御率3.45

 タイトルを獲得したこともなければ大記録を達成したこともなく、オールスターにすら選ばれたことがない。だが、渡米した時はすでに33歳だったにもかかわらず、39歳になる14年まで毎年堅実な活躍を見せたことが黒田のすごさ。また、ドジャースとヤンキースというMLB屈指の名門球団において、プレッシャーに負けることなく実績を残し続けたのも素晴らしい。残したWAR20.9は日本人歴代5位の数字である。
 8位 岩隈久志(元マリナーズ)
150登板 63勝39敗 883.2回 714奪三振 防御率3.42

 渡米当時の評価はそれほど高くはなかったが、マウンドで結果を残し続けて信頼を勝ち取った。メジャー6年で3度の2ケタ勝利を挙げ、メジャー2年目の13年は投手リーグトップのWAR7.0を記録。サイ・ヤング賞投票ではダルビッシュに次ぐ3位に入った。また、15年には本人にとってメジャー唯一の完投&完封を、日本人史上2人目のノーヒッターで飾るなど、渡米前の低評価を見返すかのように活躍を続けた。

9位 田中将大(ヤンキース)
164登板 75勝43敗 1006.1回 947奪三振 防御率3.75

 渡米前年の13年に24勝0敗を記録した圧倒的な支配力は、メジャーでは発揮できていない。それでも、堅実に結果を残し、1年目の14年から6年連続で2ケタ勝利を継続中。最大の武器は制球力で、6年間の通算与四球率1.79は、メジャー屈指の制球力で知られる名投手ザック・グレインキー(アストロズ/1.81)も上回る。また、ポストシーズンに強いことでも知られる。

10位 斎藤隆(元ドジャースほか)
338登板 21勝15敗84セーブ 338.0回 400奪三振 防御率2.34

 渡米前の数年間は不振に苦しみ、07年に「最後でもいいからメジャーで投げたい」とマイナー契約でドジャースのキャンプに参加。この時すでに36歳でほとんど期待されていなかったが、24セーブとまさかの大活躍。さらに翌年はリーグ4位の39セーブを挙げてオールスターにも選出された。メジャー最終年の12年を除き、5年続けて防御率2点台以下と抜群の安定感を誇った。

文●筒居一孝(SLUGGER編集部)

【PHOTO】ダルビッシュ、大谷、マエケン!メジャーリーグで活躍する日本人選手を一挙紹介!