世界最大のプロレス団体WWEは日本時間7月28日、アメリカ・フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターで、主力ブランドのロウを世界配信した。

 真のロウ女子王者を決めるべくアスカ(withカイリ・セイン)とサーシャ・バンクス(withベイリー)がロウ女子王座決定戦で再び激突。

 先週行なわれたPPV『ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ』のロウ女子王座戦が不完全決着となった両者は激しい攻防を展開。試合前にセコンドのカイリがベイリーを追いかけ回したことでセコンド不在となると、アスカがドロップキックからヒップアタックやシャイニング・ウイザードを決めて攻め込んだ。サーシャもバックスタバーで反撃。レフェリーの死角でアスカに王座ベルトを渡して反則勝ちを狙うも失敗してしまう。

 試合終盤にはサーシャがバンク・ステートメント、アスカがアスカロックやアンクルロックを繰り出してシーソー戦を展開すると、突如会場ビジョンにバックステージでベイリーから暴行を受けるカイリが映し出された。これを見かねたアスカは敗戦を覚悟してカイリを救出しにバックステージに向かう。試合はリングアウト裁定。

 試合後、正式にロウ女子王座を戴冠して2冠王者となったサーシャが「やったぞ!やったぞ!」とベイリーと大喜びすると、王座奪還を逃したアスカはカイリの容体を心配しながら「あいつらしばくぞ!おら」と声を震わせて報復を誓った。
  配信終了後、カイリは自身のツイッターを更新し、「NXT&WWEロッカールームでの私の時間は信じられないほど幸せでした。みんな優しくて面白くて才能があり、毎日が幸せでいっぱいでした。また、裏方のサポートスタッフに助けられました。私は一緒に仕事をする喜びを持っていたこれらのすべてのプロフェッショナルたちを永遠に愛し、リスペクトします。過去3年間で多くのことを成し遂げることができましたが、それは私の実力や強さのせいではありませんでした。ファンからの絶え間ない暖かいサポートのおかげです。お会いできて本当に感謝しています」と惜別のツイート。WWEから離脱することが明らかになった。アスカとのカブキウォリアーズは事実上の活動休止になりそうだ。

◆WWE ロウ◆
2020年7月28日配信(日本時間)
アメリカ・フロリダ州オーランド
WWEパフォーマンスセンター
▼ロウ女子王座決定戦
●アスカwithカイリ・セイン(リングアウト)サーシャ・バンクス○withベイリー
※サーシャが新王者となる

文●どら増田

【画像】「信じられないほど幸せでした」カイリの惜別メッセージはこちらから!