7月28日、世界陸連はシューズに関する規定の変更を発表した。

 今回の発表では、各種目におけるシューズのソールの厚さが定められた。注目すべきは、800メートル以上のトラック種目及びクロスカントリーで、ソールの厚さが25ミリ以下(スパイクの有無は問わない)との規定を設けたことである。同規定は、今年12月1日から適用になるという。

 現在、国内外問わず多くの長距離ランナーに支持されている、ナイキ社の“厚底シューズ”をはじめ、他メーカーの複数の開発品が、今後トラックレースでは使用出来なくなる。先日行われた中長距離の記録会「ホクレンディスタンス・チャレンジ」においても、多くの選手が同シューズを着用し、自己ベストが相次いだほどだ。それだけに同規定が及ぼす影響は、かなり大きなものになるだろう。
  今年1月にも“厚底シューズ”をめぐる論争が起きた。その際、ロードレースでは、ソールの厚さは40ミリ以下で、ソールに搭載されるプレート複数枚の使用禁止と定められていた。同ルールについては、これまで通り変更はないという。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】夏冬五輪で輝け! 世界のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを厳選!