女子テニスの元世界ランキング1位、マリア・シャラポワさんが公式インスタグラムを更新。バカンス先で披露したド派手なドレス姿に、続々と反響が寄せられている。

 ロシアの至宝が滞在しているのは、世界的なリゾート地として有名な米アイダホ州のサンバレー。今回投稿したのは一枚の写真だ。サングラスをかけたシャラポワさんは、赤、水、黄、白の波線が大胆にデザインされたワンピースドレスを着込んで、どこかぎこちない笑みを浮かべている。

 これが自分でも可笑しかったのか、「なんだか奇妙な笑い顔になっててごめんなさい」と切り出し、「カクテルドレスを着てどんなポーズを取ればいいのかなんて忘れちゃったわ。だってずいぶん久しぶりなんだもの! 同じように感じた方はいませんか?」と綴った。
  可憐なプライベートショットに対して、インスタ・フォロワーからは賛辞の声が殺到。「なにを着てもあなたはゴージャス!」「やっぱり美しい」「すごく斬新なデザインだ……」「これを着こなせるのはマリアしかいないわ」「はにかんだ笑顔がキュート」といった声のほか、女性を中心に「あるある」「同意見よ!」「なんだか恥ずかしいのよね」など賛同する書き込みも多く届いている。

 グランドスラムを5度制したレジェンドは、今年2月に惜しまれつつも33歳で現役を退いた。以降はコロナ禍のアメリカにあって、精力的にインスタを更新。ユーモア溢れる写真や心情をストレートに吐露した投稿を続け、ファンを大いに楽しませている。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】シャラポワさんが公開したド派手な“七色ドレス”姿はこちら!【PHOTOギャラリー】世界に愛された“ロシアの妖精”マリア・シャラポワの「強く、美しい」厳選フォトを一挙公開!