甲子園で活躍してプロ入り、というのは野球選手の王道だが、すべての選手が甲子園のスターだったわけではない。今回は、甲子園に出場したことがなくても、プロの世界で活躍している現役選手で“ベストチーム”を組んでみた。今回はセ・リーグ編だ。
※投手6人+各ポジション1人ずつを選出(ポジションはプロでのもの)

先発 菅野智之(巨人/東海大相模高)
先発 今永昇太(DeNA/北筑高)
先発 濵口遥大(DeNA/三養基高)
先発 平良拳太郎(DeNA/北山高)
救援 中川皓太(巨人/山陽高)
救援 石山泰稚(ヤクルト/金足農業高)
        
捕手 會澤翼(広島/水戸短大付高)
一塁 大山悠輔(阪神/つくば秀英高)
二塁 菊池涼介(広島/武蔵工大二高)
三塁 宮崎敏郎(DeNA/厳木高)
遊撃 京田陽太(中日/青森山田高)
左翼 佐野恵太(DeNA/広陵高)
中堅 青木宣親(ヤクルト/日向高)
右翼 鈴木誠也(広島/二松学舎大付高)
  現在の球界最強投手・菅野は神奈川の名門・東海大相模高の出身だが、実は甲子園には一度も出場していない。菅野が2年だった2006年にチームは春のセンバツに出場しているが、自身はベンチ入りできず、3年夏は県大会決勝で桐光学園に惜しくも敗れた。

 DeNAの3人の出身はいずれも公立校で、学校自体が甲子園出場なし。今永は4回戦が最高で、当時、福岡で圧倒的な強さを誇っていた九州国際大付高には、のちにプロでチームメイトとなる髙城俊人が在籍していた。濵口は佐賀県大会ベスト8が最高、平良は3年春の九州大会でベスト8入りしたが、夏は県大会2回戦で延長14回に1対2でサヨナラ負けした。ちなみにDeNAは、現在ローテーションを形成する今永、平良、井納翔一、濵口、大貫晋一、上茶谷大河の6人全員に甲子園出場経験がない。

 中川が卒業した広島の山陽高は1990年代に2度甲子園に出場しているものの、中川の在籍時は夏は県大会ベスト4が最高だった。石山は18年に吉田輝星(現日本ハム)の活躍で話題となった金足農の出身。通算では春夏併せて甲子園に9回出場しているが、石山自身は県大会ベスト8が最高だった。
  會澤は、甲子園出場はなくとも1年の時からベンチ入りしており、当時からプロ注目の存在だった。鈴木は1年秋からエースとなり、通算43本塁打と打撃でも活躍。しかし、2年と3年の夏はそれぞれ東東京大会の準決勝で敗れて甲子園の土は踏めなかった。

 會澤と同じ茨城県出身の大山が卒業したつくば秀英高は、95年設立の新興校で、これまで甲子園出場は一度もない。菊池の武蔵工大二高(現・東京都市大学塩尻高)、宮崎の厳木高もいまだ出場なし。宮崎の高校最後の夏は県大会2回戦敗退だった。京田は石川県出身だが、高校は青森の強豪・青森山田に進学。1年からレギュラーとなったためチャンスは多かったが、在学中は田村龍弘(現ロッテ)や北條史也(現阪神)を擁する光星学院高(現・八戸学院光星高)が隆盛を誇り、甲子園には縁がなかった。

 京田と同じ94年生まれの佐野も越境入学組で、岡山から広島の名門・広陵に進学した。1年夏にチームは甲子園出場を果たしたが、この時はベンチ入りできず。2年からはレギュラーになるも、夏は県大会ベスト4どまりだった。青木の日向高は公立校ながら1度だけ甲子園出場を果たしているが、それは青木が入学する、はるか前の89年のことだ。
  選外では高橋周平(中日/東海大学甲府高)も甲子園未出場組で、3年時は春の県大会で優勝したが、夏は準々決勝で敗退した。それでも、山梨県記録の高校通算57本塁打を放った大型遊撃手として、11年のドラフトでは3球団が1位で競合した。

 能見篤史(阪神/鳥取城北高)も高校時代から評価が高かった。鳥取予選での戦績は準優勝が最高だが、同学年の平安高の川口知哉(元オリックス)、水戸商高の井川慶(元阪神)と並んで“高校生左腕三羽ガラス”と称されていた。他の2人は高卒でプロ入りしたが、能見は社会人の大阪ガスに進んだ。

 また、能見の阪神のチームメイトである糸井嘉男(宮津高)も、その優れた身体能力からスカウトからも注目されていたが、ヒザや肩の故障で高校3年時の4ヵ月しかプレーできず、甲子園に出るどころではなかった。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTOギャラリー】球界を牽引する名手たちの「高校」「大学」当時を秘蔵写真で振り返る