8月22〜23日放送の日本テレビ『24時間テレビ 愛は地球を救う』にて、元体操女子日本代表の田中理恵さんが現役引退以来7年ぶりとなる床の演技を披露。その後、自身のインスタグラム(@riiiiiie611)を更新し、率直な胸中を明かした。

【PHOTO】エレガントな演技で観客を魅了!ロンドン五輪にも出場した「田中理恵」のキャリアを厳選ショットで振り返り!

 およそ1か月の練習で演技に臨んだ田中さん。本文冒頭では「無事24時間テレビが終わりました」と書き始めると、「たくさんのメッセージにありがとうございました。いつも素敵な挑戦、経験をさせてもらえて感謝です」「関係者の皆さま、スタッフさん、家族、友人、ファンの方…この一カ月は皆さまに支えられましたし、少しでも皆様に何か伝わればいいなと毎日毎日思いながら挑戦してきました」と労いの言葉を送っている。
  続く文面では「今この大変な中いろんな意見があると思いますが、私の演技を見て少しでもプラスになる方がいるなら最後の最後まで諦めないこと、続けることを伝えたいと思い必死でした!」と今回の挑戦への想いを吐露。最後は「現役選手の方々にも、体操をずっと好きでいてもらいたいと願いを込めて演技しました。皆さまお疲れ様でした」とハートマークを添えた。

 また、同投稿には、紫色のレオタード姿で笑顔を浮かべた1枚やポーズを決めた写真、出演者らと撮影した記念ショットなどをまとめて公開。コメント欄には「お疲れ様でした。心に染みる素敵な演技でした!」「今も変わらず、美しくエレガントな動きに感動しました」「メッチャかっこよかったです」「まさに妖精」「とっても綺麗で笑顔がキュートでした」などなど、称賛の声が次々と寄せられている。

構成●THE DIGEST編集部         この投稿をInstagramで見る                  

無事24時間テレビが終わりました。 たくさんのメッセージにありがとうございました。いつも素敵な挑戦、経験をさせてもらえて感謝です。関係者の皆さま、スタッフさん、家族、友人、ファンの方…この一カ月は皆さまに支えられましたし、少しでも皆様に何か伝わればいいなと毎日毎日思いながら挑戦してきました。 今この大変な中いろんな意見があると思いますが、私の演技を見て少しでもプラスになる方がいるなら最後の最後まで諦めないこと、続けることを伝えたいと思い必死でした! 現役選手の方々にも、体操をずっと好きでいてもらいたいと願いを込めて演技しました。 皆さまお疲れ様でした❤️ #24時間テレビ #動く

RIE TANAKA 田中理恵(@riiiiiie611)がシェアした投稿 - 2020年 8月月23日午前5時18分PDT