ソフトバンク7−3ロッテ/9月26日/ZOZOマリン

 パ・リーグの首位攻防戦第2ラウンドは、序盤の集中打で効果的に得点したソフトバンクに軍配が上がった。

 2回表、5番中村晃、6番松田宣浩に連打が飛び出すと、二死二、三塁となって打席には9番周東佑京。ロッテ先発の中村稔弥の初球を中前に弾き返し、ソフトバンクが2点を先制する。さらに続く川島慶三にもタイムリーが飛び出した。

 3回表にも川瀬晃の内野ゴロの間にソフトバンクが得点、さらに再び周東に中前打が飛び出し、ソフトバンクが3点を追加する。

 先発東浜巨は2回、3回に3点を失うも、それ以降はスコアボードにゼロを並べ、6回3失点の粘投。その後、リリーフ陣の勝ちパターンでロッテ打線を封じ、得点を許さなかった。
  3安打4打点の周東はヒーローインタビューに登場すると、「待っている球を初球から打ち返せたので、大きな1本だった。2打席目も積極的に行こうと決めていた」と振り返った。全7得点中4点をたたき出し、「こういう1日はなかなか無いので、うれしい」と顔をほころばせた。
 
 自身のエラーをきっかけに大量失点を喫し、チームも敗れた昨日は眠れなかったという。今日は一転して、打撃での大活躍、さらに守備でも5回に好守を見せ、1日で“倍返し”した形となった。
 
 最後には「残り試合も少なくなっているが、優勝を目指して、チームの力になれるように頑張る」と抱負を語った周東。昨年は足でチームの日本一に貢献した3年目の韋駄天は、攻守に成長し、レギュラーとして3年ぶりのリーグ優勝を手繰り寄せている。

構成●THE DIGEST編集部
【PHOTO】ファンの心を鷲掴み!イケメンプロ野球選手を厳選!

【試合ダイジェスト】9/26 千葉ロッテ(@Chiba_Lotte)対福岡ソフトバンク(@HAWKS_official)試合ダイジェストhttps://t.co/0QKFZJtrwU #chibalotte #sbhawks #パーソルパ・リーグTV pic.twitter.com/07u5EnvH6I

— パ・リーグ.com / パーソル パ・リーグTV公式 (@PacificleagueTV) September 26, 2020