今季からシニアデビューする、男子フィギュアスケーターの鍵山優真が、自身のインスタグラム(@yuma_kagiyama15)を更新。同じくフィギュアスケーターでライバルの佐藤駿、友野一希と共に“指ハートポーズ”を披露し、ファンの間で話題を呼んでいる。

【全日本選手権PHOTO】大躍進!ジュニア世代のツートップ・鍵山優真&佐藤駿が氷上をフレッシュに舞う!

 2020-21シーズン前哨戦ともいえる『Dreams on Ice 2020 Go for Tomorrow』が9月12、13日にコーセー新横浜スケートセンターで開催された。そこでは試合同様の形式で、今季の新プログラムをそれぞれが披露した。

 今回、鍵山が公開したのは、佐藤と友野との“トリオ写真”2枚だ。1枚目は、親指と人差し指を交差させる“指ハート”ポーズを笑顔で決めてみせたもの。そして2枚目では、お揃いのジャージ姿で、リンク上で横並びで撮影したものである。文面で「だいぶ遅れたけど、ありがとうございました!」とコメントした。
  同投稿を見たファンからは、「きゅんトリオ可愛い」「とっても素敵」「久しぶりのメンバーだ!」と写真に対するコメントの他、「スケートしている皆さんを見れるのが一番幸せ」「お披露目の新プロ、本当に凄かった」「感動しました」「今季がますます楽しみになりました」などと、様々なコメントが寄せられた。

 昨シーズン、主戦場をジュニアにおきながら、初のシニア主要国際大会『四大陸選手権』で銅メダルを獲得するなど大活躍を見せた鍵山。そんな鍵山の今季のパフォーマンスに注目が集まる。

構成●THE DIGEST編集部 
          この投稿をInstagramで見る                  

. だいぶ遅れたけど、 ありがとうございました! #dreamsonice #2020 #きゅんです #ソーシャルディスタンス

Yuma Kagiyama/鍵山優真(@yuma_kagiyama15)がシェアした投稿 - 2020年 9月月25日午前5時38分PDT