10月4日(日本時間5日、日付は以下同)に行なわれたNBAファイナル第3戦は、115−104でマイアミ・ヒートがロサンゼルス・レイカーズを撃破。これで対戦成績はヒートの1勝2敗、ジミー・バトラーにトリプルダブル(40得点、11リバウンド、13アシスト)の大活躍を許してしまったレイカーズは、このシリーズ初黒星を喫した。

 そんななかで、プレーオフに入り好調をキープしているレイカーズのラジョン・ロンドは、5点ビハインドで迎えた第4クォーター残り8分56秒に技ありのレイアップを決め、チームの一時逆転を演出。ファイナル第2戦までのスタッツは平均9.5点、3.8リバウンド、7.2アシスト、1.3スティールに加え、フィールドゴール(FG)成功率48.9%、3ポイント成功率44.7%と上々の成績を残している。

 ニューオリンズ・ペリカンズ時代もチームメイトだったアンソニー・デイビスが「“プレーオフ・ロンド”は本物」と話していた通りの活躍を見せているロンドだが、その“プレーオフ・ロンド”という異名はいつついたのか。その答えについて、元同僚かつ対戦相手でもあったレオン・ポウが『ESPN』へ明かしていたので紹介したい。
  ポウは2008年、ボストン・セルティックスの一員として優勝を経験。当時はキャリア2年目だったロンドが先発ポイントガードを務めており、ポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンといったレジェンドたちを強気にリードしてチャンピオンリング獲得に貢献した。

 ポウが言及したのは、それから2年後の2010年プレーオフ。セルティックスがクリーブランド・キャバリアーズと対戦したカンファレンス・セミファイナルだった。

「俺が覚えているのは、パークが言い始めたってこと。ロンドが俺たちを打ち負かし、パークはずっと『これが“プレーオフ・ロンド”だ!』と叫んでいたよ」

 ポウは同シーズンからキャバリアーズに加入していたものの、ローテーションから外れたベンチウォーマーに過ぎなかった。この年リーグ最高勝率(61勝21敗/勝率74.4%)を残していたキャバリアーズを率いていたのは、シリーズ平均26.8点、9.3リバウンド、7.2アシスト、2.2スティール、1.3ブロックと大車輪の働きを見せていたレブロン・ジェームズ(現レイカーズ)。そして、その前に立ちはだかったのが当時24歳のロンドだった。
  変幻自在のドライブと絶妙なパスワークでチームメイトを動かし、自らもドライブやミドルレンジジャンパーを着実に沈め得点を稼ぎ出したロンドは、シリーズ平均41.9分の出場で20.7点、6.3リバウンド、11.8アシスト、1.8スティールと大暴れ。第4戦の第3クォーター終盤には、ファーストブレイクから完全にレブロンの意表を突くノールックのビハインド・ザ・バックパスでトニー・アレンのボースハンドダンクを演出するなど、相手ディフェンダーたちを次々と攻略し、シリーズ突破の立役者となった。

 ポウが前述のコメントで“パーク”と呼んでいたのは、当時セルティックスの先発センターを務め、現在は『ESPN』などでコメンテーターを務めるケンドリック・パーキンス。ポウの発言に対し、パーキンスも否定はしなかった。

「たぶん俺だろうね。彼のことを何度となくそう呼んできた。だってあの時、彼はプレーオフで歴史を変えたんだ」と話したパーキンスは、現在のロンドについて、レイカーズの元キャプテンを比較対象に挙げている。
 「今の彼は、デレック・フィッシャーを彷彿とさせるんだ。レギュラーシーズンでは平均8、9点くらいなのに、プレーオフに入って突如平均16点くらいまで跳ね上がるからね」

 ロンドは今ファイナル第3戦でFG成功率25.0%(2/8)の4得点とショットが不発だったものの、レブロン(10リバウンド、8アシスト)に次ぐ8リバウンド、5アシスト、さらに2スティールを記録。チームに不可欠な戦力として活躍を続けている。

 レブロン、ドワイト・ハワードといった、かつてイースタン・カンファレンスで覇権争いをしたライバルたちと同じユニフォームを身に纏ったロンドは、自身2度目のチャンピオンシップを勝ち取ることができるのか。今後の活躍にも注目していきたい。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!