ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、史上3位タイとなる10度目のNBAファイナル進出を果たし、本日の試合で自身4度目の優勝に王手をかけた。

“キング”が新たな勲章を加えようとしていることで、再びヒートアップしているのが「マイケル・ジョーダンvsレブロン・ジェームズ」のNBA史上最高のプレーヤーを巡る議論だ。そのなかで、元レイカーズのニック・ヤングが発した主張が大きな火種となっている。

 まず個人成績を比べた場合、両者の甲乙はつけがたい。通算得点に関しては、レブロン(3万4241点)は2度の引退期間があるジョーダン(3万2292点)をすでに上回り、歴代3位にランクイン。さらに今季のレブロンは35歳にしてアシスト王(平均10.2本)に輝き、通算アシストと通算得点で歴代トップ10位入りしている唯一の選手になったように、記録上は多くの面で“神様超え”を果たしている。

 一方で、優勝回数はジョーダンの6回に対し、レブロンは3回。ジョーダンが1991〜93年、96〜98年と2度のスリーピート(3連覇)を達成して6回のファイナルすべてでチャンピオンに輝いたのに対し、レブロンはファイナルでのシリーズ成績が3勝6敗と負け越している点が、2人の大きな差として再三指摘されてきた。
  プレーオフの通算勝利数でレブロンは歴代1位に君臨しているとはいえ、ファイナルのディスアドバンテージは比較において避けては通れないだろう。

 しかし、この説を否定する形の持論を展開したのが、NBAで12年間プレーし、2018年にはゴールデンステイト・ウォリアーズで優勝リングを手にしたヤングだ。

「俺が思うに、MJはファイナルで晩年のマジック(ジョンソン)以外にスーパースターと対戦していないが、ブロン(レブロン)はずっとスターと対戦してきた。今回が(10回目にして)スーパースターのいないチームと対峙するのは初めてだ。俺の言うスーパースターとは、KD(ケビン・デュラント)、(ステフィン)カリー、(ティム)ダンカンら、そのポジションで歴代トップ3に入る男たちだ」

 ヤングは、レブロンは過去9回のファイナルすべてでスーパースターとしのぎを削ってきたとし、“間接的”にレブロンはジョーダンよりも上だとの見解をツイッターで述べている。
  今一度、両者のファイナルにおける対戦相手と、主力選手の顔ぶれを見てみよう(※チーム名は略称)。

◆ジョーダン
1991年:レイカーズ(マジック・ジョンソン) 4勝1敗
1992年:ブレイザーズ(クライド・ドレクスラー) 4勝2敗
1993年:サンズ(チャールズ・バークレー、ケビン・ジョンソン) 4勝2敗
1996年:ソニックス(ゲイリー・ペイトン、ショーン・ケンプ) 4勝2敗
1997年:ジャズ(カール・マローン、ジョン・ストックトン) 4勝2敗
1998年:ジャズ(カール・マローン、ジョン・ストックトン) 4勝2敗

◆レブロン
2007年:スパーズ(ティム・ダンカン、トニー・パーカー、マヌ・ジノビリ) 0勝4敗
2011年:マブズ(ダーク・ノビツキー、ジェイソン・テリー) 2勝4敗
2012年:サンダー(ケビン・デュラント、ラッセル・ウェストブルック、ジェームズ・ハーデン) 4勝1敗
2013年:スパーズ(ティム・ダンカン、トニー・パーカー、カワイ・レナード) 4勝3敗
2014年:スパーズ(ティム・ダンカン、トニー・パーカー、カワイ・レナード) 1勝4敗
2015年:ウォリアーズ(ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン) 2勝4敗
2016年:ウォリアーズ(ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン) 4勝3敗
2017年:ウォリアーズ(ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ケビン・デュラント) 1勝4敗
2018年:ウォリアーズ(ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ケビン・デュラント) 0勝4敗
2020年:ヒート(ジミー・バトラー、バム・アデバヨ)
  ヤングはジョーダンの対戦相手についてマジックしか言及していないが、実際にはドレクスラーやバークレー、マローン&ストックトンら、1992年のバルセロナ五輪に出場したドリームチームの錚々たるメンバーが並ぶ。レブロンが対峙してきた相手と比べても決して引けは取らないだろう。

 それゆえ、ヤングの投稿にはファンから「間違っている」「無知な男だ。MJはシャック&ペニーのマジックもファイナル前に倒している」「冗談がきつい。笑えてくる」といった辛辣なコメントが続出。ワシントン・ウィザーズ時代のジョーダンと共闘した経験を持つ元NBA選手のブレンダン・ヘイウッドも「馬鹿な発言は止めとけ」とジョークを交えて忠告している。

 レブロンが実際に4度目の優勝を果たした時、コビー・ブライアントを含めた史上最高のプレーヤーを巡る議論に変化はあるのか。興味深いところだ。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】引退後もその影響力は絶大!NBAの頂点に君臨するバスケットボールの”神様”マイケル・ジョーダン特集
 

To me MJ never went up against a super star besides a older magic in the finals he’s played against stars this the first time ever bron playing against a non super star team in the finals ... what I mean by super stars is Kd curry Duncan ppl that are top 3 in they position ever

— Nick Young (@NickSwagyPYoung) October 4, 2020