先週の男子テニスツアーでは、『ヨーロピアン・オープン(ベルギー/アントワープ、室内ハード)』と、『ベット1ハルクス選手権(ドイツ/ケルン、室内ハード)』の2大会(共にATP250)が実施された。

 ヨーロピアン・オープンではユーゴ・アンベール(フランス)が自身2度目のツアータイトル獲得。ベット1ハルクス選手権では、地元のアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)が、2週連続の優勝を果たした。

 ノーシードでの出場ながら、2回戦で第2シードのパブロ・カレノブスタ(スペイン)を、決勝で第8シードのアレックス・デミノー(オーストラリア)を下して優勝を果たしたアンベール。特に決勝では、立ち上がりからハイレベルなストロークでデミノーを圧倒。

 第2セットは粘るデミノーにタイブレークまで持ち込まれたが、最後まで攻めの姿勢を貫いたアンベールが、年始のABSクラシック(ニュージーランド/オークランド)に続くキャリア2勝目を獲得した。

 試合後には、自身のプレーについて「アグレッシブに攻めた。うまくいって超ハッピーだよ」と語ったアンベール。「本当に素晴らしいプレーヤーを相手に、今年2つ目のタイトルを獲れたことをとてもうれしく思うよ」と喜びを明かした。
  ベット1ハルクス選手権は、ベット1ハルクス・インドアに続く同会場での2週連続の開催。前週にも優勝を飾った第1シードのズべレフが、決勝で第2シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6−2、6−1で一蹴し、2週連続で同じトロフィーを掲げた。

 ここ最近は、サービスの不調に苦しめられていたズべレフ。ダブルフォールトを連発し、試合の流れを相手に渡してしまうことが多かったが、この試合ではそのような心配はまったく見られなかった。

 完璧とも言える安定感抜群のプレーで、相手にほとんどチャンスを与えることなく勝利したズべレフは、試合後に「ここ2週間で最高の試合だった」と自画自賛。「徐々に調子が良くなってきている。もうすぐ最高潮に達すると思うよ」と、さらなる活躍に自信をのぞかせた。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】イケメン多数!テニス界の次世代を担う「期待の若手」プレーヤーたち!