茨城県小美玉市の太平洋クラブ美野里コースにて開催されているJLPGAツアー『TOTOジャパンクラシック』の大会最終日が終了。1打差の単独首位から出た申ジエは「66」で回り、通算19アンダーで今季2勝目&ツアー通算26勝目を挙げた。

【PHOTO】渋野日向子、原英莉花、勝みなみ、新垣比菜…日本女子ゴルフが誇る"黄金世代"を厳選フォトで一挙紹介!

 今季は先月の『富士通レディース』で1勝を挙げている申ジエ。2日間を「65」「66」の好スコアで回り、この日は単独首位、通算13アンダーからのスタートとなった。1番でバーディを奪うと、7番でもう1つスコアを伸ばしてハーフターン。後半は15、18番でバーディ、17番でイーグルを奪い、この日9つスコアを伸ばした笹生優花を3打差で振り切った。
  全美貞、若林舞衣子、世界ランキング6位の畑岡奈紗は通算14アンダーの3位タイでフィニッシュ。昨季賞金女王でディフェンディングチャンピオンの鈴木愛は13アンダーの6位タイ、国内2戦目に臨んだ渋野日向子は6アンダーの30位タイで今大会を終えている。

構成●THE DIGEST編集部