シカゴ・カブスの専門放送局『Marquee Sports Network』は11日(日本時間12日)、公式ツイッター(@WatchMarquee)を更新。ダルビッシュ有の今季奪三振シーンをまとめた動画を公開し、「見てて気持ちいい」「変化球が化け物」などとファンの注目を集めている。

【PHOTO】“20年サイ・ヤング賞2位”ダルビッシュ有。投球からイケメンぶり、マエケンらとの絡みも!

 同日メジャーリーグが発表したサイ・ヤング賞には選出されず、惜しくも自身2度目の2位となったダルビッシュ。今季76イニングで93奪三振と快投を披露したが、今回掲載されたのはその全シーンを1分23秒間にまとめたハイライト動画だ。多彩な球種で次々と打者を打ち取っていく姿はまさに圧巻。投球時の唸り声も相まって、気迫がひしひしと伝わってくる迫力満点の映像となった。
  さらに、本人は自身のツイッター(@faridyu)で同投稿をリツイート。「今年の奪三振をまとめてくれました」と笑顔の顔文字を添え、「無観客試合になって、投げる時声を出すのがバレてしまった笑」と反応している。

 これを見たファンからは「あなたは日本の誇りだ!」「ただただ見てて気持ちいい」「気迫が伝わってくる」「もはや芸術です」「正に変幻自在」「ゲームかよってくらい曲がってる」「三振取れる球種の数がすごい、、、」「変化球が化け物すぎます」などなど、絶賛の声が相次いでおり、動画の再生数も48万回を超える大反響となった。

構成●THE DIGEST編集部

今年の奪三振をまとめてくれました😄
無観客試合になって、投げる時声を出すのがバレてしまった笑 https://t.co/WkFxLFgHkW

— ダルビッシュ有(Yu Darvish) (@faridyu) November 11, 2020