いよいよ21日から日本シリーズが始まる。「日本一」を賭けた大一番では、長く語り継がれるべき名勝負がいくつも繰り広げられてきた。シリーズ開幕を前に、2010年代の日本シリーズから名勝負5試合をピックアップして振り返ってみよう。

■2試合連続延長戦の壮絶な死闘の末に「史上最大の下克上」成る
【2010年第7戦】ロッテ8−7中日(延長12回/ナゴヤドーム)]

 ロッテが王手をかけて臨んだ第6戦は、延長15回で決着がつかずにシリーズ24年ぶりの引き分け(2対2)。試合時間5時間43分は史上最長で、両チームの出場選手44人も最多とまさに総力戦だった。翌日の第7戦は初回から点の取り合いになり、ロッテが7回に7対6と勝ち越し。だが、9回に登板した抑えの小林宏之が同点に追いつかれ、シリーズ3度目の延長戦へ突入する。

 延長12回、ロッテはその年、日本新の47ホールドを記録した浅尾拓也から2死二塁のチャンスを作り、8番の岡田幸文が打席へ。4イニング目に入った浅尾の速球に対して、短く持ったバットを振り抜くと、打球は外野手の頭を超える決勝タイムリー三塁打となった。シーズン3位のロッテがポストシーズンを驚異的な粘り強さで勝ち抜き、5年ぶりの日本一に到達した。
 ■絶体絶命のピンチで幕を切った「森福の11球」
【2011年第4戦】ソフトバンク2−1中日(ナゴヤドーム)

 2対1とリードした6回、ソフトバンクは先発のDJ・ホールトンが無死満塁のピンチを招く。ここで救援のマウンドに上がったのが左のスペシャリスト・森福允彦だった。二遊間が大量失点を防ぐために中間守備を敷く中、森福は「ゼロで抑えようと思っていた」。まずは、初戦で決勝本塁打を放っていた小池正晃に自分のスウィングをさせず、空振り三振に斬ってとる。続く平田良介が放ったレフト前への浅い飛球は内川聖一がスライディングキャッチ。最後は谷繁元信をショートゴロに打ち取った。

 11球で極限の状況をしのいだ仕事人は、回跨ぎながら7回も三者凡退に仕留める。虎の子の1点を守り抜いてシリーズをタイに戻したソフトバンクは、最終的に4勝3敗で中日を下して頂点に立った。
 ■シリーズMVP、新人王、“神の子”による豪華リレー
【2013年第7戦】楽天3−0巨人(Kスタ宮城)

 運命のシリーズ第7戦。前日に逆王手をかけられた楽天だが、初回に先制点を挙げると、2回と4回にも1点ずつ追加。援護を受けた先発の美馬学は6回1安打の好投で応え、7回からはルーキーの則本昂大が2イニングを無失点。そして、星野仙一監督が最後にマウンドに送ったのは前日の第6戦で160球を投げていた田中将大だった。

 場内アナウンスで田中の名前が告げられると、観衆は登場曲『あとひとつ』(FUNKY MONKEY BABYS)を大合唱。「ものすごくこみ上げてくるものがあった」という田中だったが、マウンドでは鬼の形相を崩さず、2本のヒットを許しながら、最後は代打の矢野謙次を伝家の宝刀スプリットで三振に仕留めて球団創設以来初の日本一を手繰り寄せた。シーズン24連勝に続き、日本シリーズでも伝説を作った田中は翌年からメジャーリーグに活躍の場を移した。
 ■シリーズの流れをひっくり返した劇的サヨナラ満塁弾
【2016年第5戦】日本ハム5X−1広島(札幌ドーム)

 互いにホームで連勝して迎えた第5戦、初回に先制された日本ハムは、7回に同点に追いつく。1対1で迎えた9回には、1死のあと広島の守護神・中崎翔太から四球と犠打でチャンスを作ると、中島卓也の内野安打で一、三塁。続く岡大海が死球を受け、両軍がベンチ前に出て騒然する場面もあったが、場内のボルテージが最高潮に達したのは、2死満塁で迎えた次の打席だった。

 それまでシリーズ20打数2安打と苦しんでいた西川遥輝が高めに浮いた149キロのストレートを振り抜くと、高く舞い上がった打球はライトスタンドに飛び込んだ。ガッツポーズを繰り返しながらダイヤモンドを周った殊勲者は「何が起こったか分からないくらい興奮しています」。シリーズ史上2人目のサヨナラ満塁弾で王手をかけた日本ハムは、第6戦にも勝利して10年ぶりの日本一をつかんだ。
 ■“短期決戦の鬼”と“キング・オブ・クローザー”が歓喜を手繰り寄せる
【2017年第6戦】ソフトバンク4X−3DeNA(延長11回/ヤフオクドーム)

 リーグ史上最速で優勝を決めたソフトバンクが、シリーズ第1戦から3連勝したが、そこからDeNAが意地を見せて連勝。本拠地に戻った第6戦、ソフトバンクは先制しながら5回に3点を奪われて逆転を許す。8回に1点を返して迎えた9回、CSファイナルステージで4試合連続本塁打を記録した内川聖一が、クローザーの山﨑康晃から起死回生の同点弾をレフトスタンドに放り込む。
  そして、8回から登板していたソフトバンクの守護神サファテは、来日初の3イニングの熱投。10回表に2死一・二塁のピンチを切り抜けた際は、右腕を何度も振り回して吠えた。結末が訪れたのは11回裏。2死一、二塁から川島慶三がライト前へ運び、二塁走者の内川がサヨナラのホームを踏んだ。粘るDeNAを寄り切ったソフトバンクがシリーズ史上4度目のサヨナラ日本一を手にした。

文●藤原彬

著者プロフィール
ふじわら・あきら/1984年生まれ。『SLUGGER』編集部に2014年から3年在籍し、現在はユーティリティとして編集・執筆・校正に携わる。ツイッターIDは@Struggler_AKIRA。